次のカメラはどれにしよう?ステップアップに考えたい5つのポイント

次のカメラはどれにしよう?ステップアップに考えたい5つのポイント

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

春がだんだんと近づいてきて、新しいカメラの情報も出てくるようになりましたね。

今のカメラからステップアップをしようとしている人も多いのではないでしょうか。

ただ適当にカメラを選んでしまうと逆に使いにくいということも起きてしまいます。

 

パソコンと同じぐらい、実はカメラもメーカーによって全然使い心地や触り具合が違うんです。

 買った後に「あ。やっぱこれ違った!」ということも起きやすいのがカメラの世界。

そういったミスマッチを防ぐために今回のカメラオトメでは、『カメラのステップアップに必要な5つのポイント』についてお話をしていきます。

 

これがすべてというものではありませんがこの五つの視点を身につけることで、あなたのカメラ選びは一気に変わるはずです。

新しいカメラを購入したい、今の古いカメラを手放してステップアップをしたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

イメージセンサーのサイズは自分に合ってるかチェックする

焦点距離は50mmが基本!広角と望遠についてもしっかり理解しよう

まずカメラを買い換えるときに1番チェックしたいポイントは、イメージセンサーのサイズです。

一眼レフやミラーレスカメラにはレンズからの景色を焼き付けて、データ化するイメージセンサーという場所があります。

このイメージセンサーの大きさはカメラの画質に関わってくる重要なポイントで、センサーサイズが大きくなるほど写真がボケやすいと言われています。

このイメージセンサーのサイズは大きい順にフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズと言う名前が付けられています。

 

このイメージセンサーは大きければいいというものでもなく、小さければいいというものでもありません。

自分がどんな写真を求めているか、どんなスタイルで写真を撮りたいかでセンサーサイズは変わってきます。

このセンサーサイズを間違えると後々のレンズについても支障をきたすことがあるので、しっかりチェックしておくのがポイントです。

イメージセンサーの詳しいことについては、以下の記事にまとめているので、気になる人は参考にしてみてください!
画素数?イメージセンサー?カメラを買うときにまずチェックするところはココ!

グリップやダイヤルの位置が自分に合ってるかどうか実際に触って確かめる

次にチェックしたいのは、カメラボディのグリップやダイヤルの位置が自分に合っているかどうかです。

一見カメラは全て同じように見えますが、じつはメーカーによって全然位置が違うんです。

私はキャノンからソニーのカメラに買い換えましたが、最初このダイヤルやボタンの位置が全く違ったので戸惑いました。

また、同じメーカーでも機種によってグリップの握り心地やホールド感などが全く違うので注意。

 

事前にカメラの外観やグリップの握り具合、ダイヤルの位置などについては家電量販店などでチェックすることができるので、実際にカメラに触ってから購入するのがおすすめです。

特に初心者向けの機種から中級者向けの機種に買い換える人は、中級機のボタンの多さやダイヤルの位置に戸惑うことがあると思います。

なるべくミスマッチを防ぐためにも、事前にカメラは数種類触って比較するのが鉄板。

そのついでにカメラの重さもチェックしておくといいですよ

カメラを買った後にレンズが買い足ししやすいかレンズのラインナップも見てみる

三つ目にチェックしたいのは、カメラを買った後のお話です。

カメラはカメラ本体だけでは機能せず、レンズが必要なのはご存知のことかと思います。

でも意外と重要なのがレンズの存在、 言ってしまえばカメラ本体よりも重要な場所になってきます。

どんなにカメラ本体の性能がよくても、レンズが悪ければ写真は台無しになってしまいます。

 

それくらい、カメラはレンズの性能に左右されるものなのです。

そのためカメラを買う時はレンズも集めやすいかをチェックする必要があります。

レンズが交換できるカメラは一眼レフとミラーレスがありますが、歴史を考えると一眼レフの方がレンズの種類が多く価格帯も豊富なのでいろんなメーカーから購入することができます。

 

それに対してミラーレスカメラは一眼レフよりも歴史が浅いため、レンズをなかなか選びにくいというデメリットがあります。

特にフルサイズのミラーレスは出たばっかりの機種が多く、レンズのバリエーションもなかなか少ないのが現状です。

また同じ焦点距離のレンズでもメーカーによって価格が全く違います。

 

そのため、カメラを買う時はレンズの価格の一覧表を一旦見てからレンズを集めやすいかどうかを判断する必要があるのです。

せっかくいいカメラを買っても、レンズが集められなければ写真の醍醐味が少なくなってしまいます。

カメラのステップアップをするときは、ぜひレンズもチェックしてから購入するようにしてください。

一眼レフやミラーレスカメラの特徴については以下の記事でまとめています!
ミラーレスカメラはカメラ女子との相性抜群!3つのメリット・デメリットミラーレスカメラはカメラ女子との相性抜群!3つのメリット・デメリット【Canon】EOS Kiss X7カメラといったら一眼レフ!特徴からメリット・デメリットまでしっかり解説

三脚を買い換えなくてもいいか耐荷重もしっかり確認しておく

次にチェックしたいのは、ちょっと細かいポイント。

三脚などのアクセサリーを買い換えなくてもいいかという問題です。

特にチェックしたいのが三脚の耐荷重

 

三脚は一つ一つ重さが決められていて、安いものだと軽いカメラしかつけられないということが多くなっています。

そのためカメラのステップアップをすると三脚も買い替えなければいけない…ということが発生してきます。

基本的にカメラはステップアップすればするほど、ボディもレンズも重たくなるもの。

 

三脚の耐荷重をオーバーしてしまうと三脚がカメラを支えきれなくなり、転倒の危険性も増してきます。

大事なカメラを故障させないためにも、しっかり三脚の耐荷重は見ておきましょう。

カメラの下取りなどを出しても自分の予算内で収まるかどうかキャッシュバックキャンペーンなどもチェックする

最後にチェックするポイントは、予算内でカメラを購入することができるかどうかです。

カメラを買い換える人は、元々持っているカメラを下取りにだして新しいカメラを購入する人が多いのではないでしょうか。

その下取りの予算を踏まえた上で新しいカメラを買う必要があります。

 

でも予算よりカメラの価格がオーバーしてしまっても心配する必要はありません。

私の周りではカメラを一括で購入する人は少なくて、ローンを組んで分割で支払う人が結構多いです。

それもそのはず、カメラ屋さんや家電量販店では分割手数料が無料のところが多く、高いカメラでも買いやすくなっていることが結構あるんです。

こうした情報も事前に知っておくとカメラを買ったからといって、カツカツの生活になることを避けることができます。

 

私も何回かこのショッピングローンを利用したことがありますが、本当に分割して購入することができたのでとても助かっています

また、カメラメーカーでは季節によってキャッシュバックキャンペーンというカメラを買った金額に応じてギフトカードや現金なのでお金を返してくれるというサービスがあります。

 

こうしたキャッシュバックキャンペーンや分割支払いなどをうまく活用して、カメラを手に入れるのも一つの手段です。

分割支払いが不安な方は1度カメラ屋さんや家電量販店に問い合わせをしてから購入を検討してみてください。

キャッシュバックキャンペーンについては以下に詳細をまとめています!
【2019年最新】カメラメーカー各社のキャシュバック情報をまとめてみた【随時更新】

カメラは家電のひとつ。色んな可能性と自分の直感を信じて自分の相棒を選ぼう

ここまで、カメラの選び方について様々な視点からお話ししました。

ピンときた部分もあれば、ん?となったところもあるのではないでしょうか。

私も最初はカメラを買い換えるときにいろんなことを心配したり考えたりしました。

 

その考える過程を経たことで、自分にとって当時最適な決断をすることができたのではないかと思っています。

確かにカメラのことについて勉強するのは面倒だし分からないことだらけな気持ちはわかります。

 

でもそうやって悩みに悩んで選んだカメラはきっとあなたの力になってくれるはず。

じっくりゆっくり時間をかけて、あなたの相棒を探してみてくださいね。

カメラオトメがその助けになれば、幸いです。

 

Have a happy camelife!

 

カメラはじめます! [ こいしゆうか ]
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA