【実際に聞いてみた】ポムミーを使うとシャドウバンになる?噂の真相を確かめた

【実際に聞いてみた】ポムミーを使うとシャドウバンになる?その真相を確かめてみた

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

1つのURLで複数のSNSやリンクを『POMU.ME(ポムミー )』というサービスをご存知ですか?

TwitterやInstagramだと1つのサイトしか置くことができないので、愛用しているという方も多いかもしれません。

ですがそのサービスを使った人の中には、『シャドウバン』というハッシュタグが反映されない現象が起きている方が一定数いらっしゃるらしいです。

同じようなサービスでリンクツリーというものもありますが、そちらもシャドウバンの対象になっているとのこと。

今回カメラオトメではこの不可解なシャドウバンの原因や対処法、そしてポムミーを運営している会社に現状をお伺いしてきました。

『シャドウバン』はハッシュタグが検索結果に反映されないBANのこと

TwitterやInstagramといったSNSには、投稿に『#』をつけて投稿内容をカテゴリー化することができる機能が備わっています。

特に拡散力が低いInstagramではハッシュタグが命と言われていて、各ハッシュタグで人気投稿に載ることがフォロワーを増やす上でとても大切です。

シャドウバンはこのハッシュタグ機能を使えなくするBAN(悪質なユーザーを排除するためのフィルタリング措置)と言われています。

シャドウバンをされることで、不利になるのは以下の2つの点です。

シャドウバンで不利になること
  • ハッシュタグが反映されなくなるため、新規のフォロワーが増えにくくなる
  • 人気投稿にも載らなくなるので、反応率も悪くなる

簡単にまとめると『新規のフォロワーにアプローチしにくくなる』というのがシャドウバンの主な特徴です。

既存のフォロワーにしか投稿が見られなくなるから、シャドウバンなんだね!

シャドウバンは普通の人でもなる可能性大!こんな人はシャドウバンになりやすい

インスタのインサイトが突然ある日を境に落ちたり、新規フォロワーの通知がなかなか来ないなあと感じたらそれはもしかしたらシャドウバンのせいかもしれません。

まずこの3点に該当していないかチェックしてみましょう。

  • 自動化ツールを使ったりしていないか
  • 突然大量にフォローしたりいいねをしたり不審な動きをしていないか
  • スパム対象になっているハッシュタグを使っていないか

1つでも思い当たる節があったら、それはシャドウバンの大きな原因です。

一度シャドウバンを受けると、その後何回もシャドウバンになりやすいと言われています。

もし頻繁にシャドウバンの対象になってしまうというのであれば、新しくアカウントを作り直したほうがいいかもしれません。

それでもシャドウバンになってしまったという人は、プロフィールに連携しているサイトをチェックしてみましょう。

ポムミーやリンクツリーはシャドウバンの対象になる?実害を調べてみた

そして本題に入ってくるのがポムミーやリンクツリーといった、一つのURLで複数リンクを置くことができるサービスを使ってバンになった方達です。

実際ポムミーを置いた瞬間にシャドウバンになったという声も多く挙がっています。

 

View this post on Instagram

. . どうやら 2週間、 ハッシュタグの検索に 投稿が引っかからなくなる #シャドウバン という、 洗礼を受けています。。 . . 調べたら、 インスタに別のサイトをリンクさせた事が原因らしいです。 . 私の場合は、 プロフで各ポイントサイトの紹介用に載せている、 ポムミーかな(´;ω;`) . . 2週間放置すれば直るらしく、 この間にポストしたものも、 シャドウバンが解ければ 検索に出てくるようになるみたい! . . ポイ活仲間を増やしたい私としては 試練の2週間になりそうですが、 自分の備忘録も兼ね、 投稿頑張ろうと思います😭❤️

こはる𓇼*さん(@koha._____)がシェアした投稿 –

違反行為をせずにシャドウバンになった方達の共通点は、ポムミーのような外部リンクを貼った後に認証コードが出てきたこと。

この認証コードがなかなかの曲者で、

  • 認証するとシャドウバンになる
  • 認証しないとアカウント停止になる

というどちらを選んでもあまりいい結果にならないというのが特徴になっています。

とはいってもアカウント停止の方がきついので、ここはおとなしくシャドウバンを選ぶしかなさそうです。

MEMO
シャドウバンになったあと、インスタ側に問い合わせても何も返事は返ってこないらしいです。

おとなしく解除を待つのが一番です。

ポムミーの運営元はシャドウバンをどう考えてる?実際に聞いてみた

ここからは実際にポムミーの運営元に問い合わせをして、実際のところどうなっているのか聞いてみました。

以下が問い合わせの答えの内容です!
『シャドウバン』についてですが、以下の記事(Instagramの公式が発表した内容のまとめ)にて、
 
  • シャドウバンは(shadowbanning)は実際にはない。Instagramは人びとのコンテンツを、ハッシュタグが多すぎるなど、特定のアクションを理由として隠すことはない。
上記のようにあり、規定に反しているURLリンク(snapchatなど)は、そもそも貼る事すらできません。
 
ただ、こちらpomu.meを利用されている方で、シャドウバンと思しき動きがあるのも確かです。
 
そこに関して、弊社側で調べて見たところ、
Instagram側で、新機能の実装などのタイミングで認証をすると、このようなバグが起こってしまうようです。
なお、そちらについては、1~2週間ほどで、元に戻るとのことです。
(返信メールより転載)

という答えが返ってきました。

Instagram側としてはシャドウバンの存在を否定していて、そもそも違反リンクは貼れないようにしている。

でも実際調べてみるとシャドウバンと思われる現象は実際に起きていて、新しい機能を追加するときのインスタ側のバグではないかというのがポムミーの見解でした。

うーん、なんだか釈然としない答えですが、ポムミー側の問題というよりInstagram側のプログラムの問題と考えた方が良さそうです。

シャドウバンになってしまったらどう対処すればいい?解除法は『待つ』こと!

シャドウバンになってしまったら、特別何もせずに2週間待つのが一番の対処法です。

一部ではログアウトして2週間とか、1週間で直るとかいろんな情報が出回っていますが、きっちり2週間かかるとみて動いた方がよさそうです。

ハッシュタグが使えないだけなので、普通に投稿やストーリーズ機能を使ってフォロワーさんとの交流を楽しむ時間に使うのがオススメです。

シャドウバンになってしまったからといって慌てて逆に不審な動きをするのはNG!

最初はびっくりするけど、冷静になろう!

シャドウバンになったときは、自分のリンクや動きを再確認!落ち着いて冷静に行動しよう

他人に投稿が見られることが大切なInstagramで、突然エンゲージメント率が下がるとびっくりしますよね。

自分の投稿がダメなのかな…と落ち込んでしまったり、シャドウバンが怖くて投稿できなくなってしまう気持ちもわかります。

でも起きてしまったことはどうしようもありません。

シャドウバンの事実を受け入れながら、これからどうしていくかを考えていきましょう。

シャドウバンのリミットは2週間、その間にインスタの投稿内容を見返して構成をもう一度考える時間にしてもよさそうです。

上手く付き合いながら、楽しいインスタライフを送りましょう!

 

Have a happy camelife!

 

Instagramでベストな画像サイズは?オススメの比率と解像度についてInstagramでベストな画像サイズは?オススメの比率や解像度について インスタのストーリー機能をもっとおしゃれに!簡単かわいい3つの加工術インスタのストーリー機能をもっとおしゃれに!簡単かわいい3つの加工術 インスタグラマーになりたいあなたへ|知っておきたいエンゲージメント率の話Instagramのインサイト機能を使ってエンゲージメント率を計算しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA