Rollei 35で巡る春。高級コンパクトフィルムカメラが最高すぎる件について。

冬と言う厳しい季節を乗り越えて、暖かい日差しが懐かしく感じる春。

今この記事を書いているのは4月ですが、外出自粛が出る前の3月に私は新しくフィルムカメラを購入しました。

 

今まで私が使ってきたカメラは国産のカメラがほとんどで、逆に海外のカメラは触ったこともほとんどないという状態でした。

というのもなんとなく日本のカメラってそもそもに親しみがあって、使いやすいものが多かったのもあるかもしれません。

 

そんな中今回購入したのは、ドイツベルリンの会社が作った元祖高級コンパクトフィルムカメラと呼ばれる、『Rollei 35』というカメラです。

ローライといえば、二眼レフのローライフレックスが有名ですが、私が購入したのは35mmのフィルムカメラです。

 

Rollei 35にもいろんな種類があるのですが、私は無印のシンガポール製のものをチョイス。

本当はドイツ製のものが欲しかったのだけれど、価格を見てコスパが良い方を選んでしまいました…。

 

正直後悔はしていません。

と言うわけで今回はこのカメラについて色々とお話しできたらいいなと思います。

【中古】 (ローライ) Rollei ローライ 35(テッサー40/3.5) シンガポール【中古カメラ フィルムカメラ】 ランク:B-

Rollei 35を買った理由。それは圧倒的に洗練されたボディに一目惚れしたから

このカメラを購入した理由は、本当にシンプルに言えばデザインに一目惚れしたからです。

機械式カメラで全体的にレトロなデザインが多くて、私もいろいろなカメラを集めて楽しんでいた時がありました。

 

今みたいにオートフォーカス機能や、メモリーカードといったデジタル的な要素はないけれど、フィルムカメラはフィルムカメラにしかない良さがあると思っています。

そして日本製の実用性に特化したカメラは確かに写りもいいし使いやすいし、初心者にはうってつけなことも知っていました。

 

でも、2年前にカメラ屋さんで店員として働いていた時にひときわ目立つ存在があったのがこのカメラでした。

当時はそこまでお金も持っていなかったし、このカメラを使いこなせる自信もなくて泣く泣く諦めた存在。

 

2年経ってようやく、購入する決心ができました。

私は通販でRollei 35を購入したのですが、価格もリーズナブルになっていて、手に入れるなら今じゃないかなと思い購入ボタンを押しました。

届くまでは毎日ドキドキしていて、発送された日はなかなか夜も眠れないほど。

 

到着したときのやっと会えたと言う嬉しさと、これからどんな写真が撮れるんだろうと言うワクワクで胸がいっぱいでした。

今までも様々なカメラを購入してきましたが、海外産のカメラを手にするってなかなかにハードルが高かったです笑

 

Rollei 35は露出計もついているので、専用のアダプターと電池も購入しました。

関東カメラサービス KANTO CAMERA 水銀電池アダプター MR-9[MR9]
created by Rinker
ソニー/ムラタ SR43SW(301) × 1個コイン電池・ボタン電池・時計用電池・酸化銀電池 セット SONY muRata
created by Rinker

この時代の露出計は今と比べてほとんど正確性がないのはわかっていますが、わかっているけれど試してみたくなってしまうんです。

正直カメラが来るよりも電池の方が後に来てしまって、露出計を動かさずに撮影をスタートしたのは内緒です笑

Rollei 35にC200を入れて、いろんな場所に撮影に行ってきました

今は外出自粛をしているため、カメラも防湿庫の中に入れていますが、届いた時は嬉しくてすぐにフィルムを入れてしまいました。

家にあった業務用フィルムもいいなと思いながら、私が手に取ったのはFUJIFILMのC200。

 

FUJIFILMの青みがかった色味と、ローライのレンズの描写がとてもぴったりだったので、ここで数枚をシェアさせてください。

 

 

フィルム自体のざらついた感じと、海や空がフィルム色に色づいて青々としているのがわかると思います。

フィルムカメラは取った瞬間にどんな写真が撮れているかが分からないので、ドキドキしながらシャッターをいつも切っています。

 

正直ここまでフィルムにハマると思っていなかったし、こんなにデジタルにはない色味が出るんだなと思うと、手放したくてもなかなか手放せないんです。

 

 

カメラは私の人生を変えてくれたものだから、これからも一生大事にしていきたい。

機械式フィルムカメラは壊れてしまってもある程度直すことができるし、メンテナンスをし続ければ後世にも残すことができます。

 

そもそも50年前のカメラが今私の手にあること自体が奇跡なんですよね。

私は自分のお金でこのカメラを買ったけれど、何か運命があってこの場所に来たんだなって確信があるんです。

 

以前の持ち主がどういう人かは私にはわからないけれど、その人の思いも受け継ぎながら生涯このカメラを大事にしていこうと思っています。

アンティークってこういう良さがあるんだなって言うのを、26歳になってようやく知った私でした笑

Rollei35のよさは手にしたらわかります。カメラをやっている人は一度触ってみてください!

フィルムカメラはほとんど現在は生産されていないし、オートフォーカス機能などがあるものはどんどん壊れていってしまっているそう。

私が持っているカメラは機械式カメラなので、電池なしでも動くものがほとんどです。

 

初めてフィルムカメラをやるのなら、安いオートフォーカスのついたカメラではなくて、機械式のフィルムカメラをお勧めします。

特に私が今回ご紹介したカメラはとてもコンパクトで写りも良いのではじめてのカメラにもぴったり!

 

デザインもとても可愛いのでぜひいちど見てみてくださいね!

 

それではまた、お会いしましょう。

Have a happy camelife!

 

【中古】 (ローライ) Rollei ローライ 35(テッサー40/3.5) シンガポール【中古カメラ フィルムカメラ】 ランク:B-
関東カメラサービス KANTO CAMERA 水銀電池アダプター MR-9[MR9]
created by Rinker
ソニー/ムラタ SR43SW(301) × 1個コイン電池・ボタン電池・時計用電池・酸化銀電池 セット SONY muRata
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA