【池袋】『本と珈琲 梟書茶房』は都会のオアシス!インスタ映えだって叶えてくれます

【池袋】『本と珈琲 梟書茶房』は都会のオアシス!インスタ映えだって叶えてくれます

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

社会人になると、仕事に追われて本を読む時間ってなかなか取れないですよね。

私も社会人になりたてのときは仕事をとにかく覚えることで精一杯で、気がついたら休日も仕事の勉強をしていた…なんてことがありました。

そしてひたすらに思ってしまうことがあります。

沙矢佳

癒しが欲しい…!

もともと子供の頃から本が大好きで、気がつけば永遠に本を読んでいた私。

ビジネス書から小説から写真集、今はブログ運営の書籍を読んでいる時間は何にも変えられない癒しの時間になっていたのを思い出しました。

そこで今回目をつけたのが、最近話題沸騰中のブックカフェ

本を読める幸せとカフェでくつろげる癒しの空間のいいとこ取りをできるブックカフェは都内を中心に高い人気を誇っています。

今回のカフェ散歩では池袋にある梟書茶房さんにお邪魔してきました。

沙矢佳

さっそく梟書茶房さんをレポしていくよ!

『本と珈琲 梟書茶房』のアクセス

  • 住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目12−1 Esola池袋
  • 営業時間 10:30~22:00(L.O.21:30)

公式サイト

梟書茶房はドトールコーヒーが運営する本とコーヒー好きのための喫茶店

梟書茶房はドトールコーヒーが運営する本好きのための古きよき喫茶店

東京メトロ池袋有楽町線改札に直結したところにある、エソラ池袋4階にある梟書茶房。

上りエスカレーターに乗って行くと、目の前にお店のロゴがあるので迷うことはありません。

地下から直接行くことができるので、晴れの日も雨の日も行きやすいので、行きたいと思ったときに行くのがBESTです。

沙矢佳

エスカレーターの3階の時点からコーヒーの香りが香ってきて、まさに癒し!

梟書茶房はドトールコーヒーが運営している喫茶店ですが、店名にはこんな由来があったりします。

梟書茶房を作った二人の男は奇矯です。菅野眞博は「珈琲」を、柳下恭平は「本」を、それぞれに偏愛し、彼らは人生という砂山から、それらが取り去られれば、どれだけ大量の砂粒が残っていても、それを人生と呼びません。
 その偏愛の二人が出会い、本と珈琲の魅力を伝えようとして作ったお店が梟書茶房です。ここは、書房でしょうか、茶房でしょうか。融合したそれを、彼らは「書茶房」としました。(引用:公式サイト

趣がある店内の設定と、本とコーヒーの世界が融合した場所が梟書茶房です。

時間がある人は一度公式サイトに目を通して見ると、その世界により入り込みやすくなりますよ。

沙矢佳

ここから先は、梟書茶房のフォトジェニックな外観について解説していきます!

本とコーヒーだけじゃない⁉︎梟書茶房はフォトジェニックなポイントがたくさんあります

本とコーヒーだけじゃない⁉︎梟書茶房はフォトジェニックなポイントがたくさんあります

お店に入るとまず目につくのが、カバーにかけられた大量の本!

右手にうっすら見えている大量の本は全て梟書茶房特製のブックカバーにかけられてビニールで覆われているので、中身を見て買うことはできません。

書籍を購入したい人は手前のカウンターに並ぶと、店員さんが対応してくれます。

沙矢佳

本は右手と後ろの本棚から選ぶことができるよ!

見渡す限りの本棚は必見の価値あり!

見渡す限りの本棚は必見の価値あり!

見てください!この大量の本たち!

思わず写真を撮ってしまいたくなる壮観な本棚は一見の価値ありです。

1冊1冊にナンバーががふってあるので、自分の好きな数字や文字列から選ぶことができるのはいいですよね。

プレゼント包装も対応しているので、ちょっとしたお土産にもGOOD。

この本棚がエスカレーター沿いにずっと続いているので、足を止めて写真を撮って見るのをおすすめします。

横一列に並んだ料理のサンプルは絶対写真におさめよう!

横一列に並んだ料理のサンプルは絶対写真におさめよう!

ブックカフェと言われるとなんとなく料理の数が少ないイメージがありますが、梟書茶房はランチやディナーにもぴったりのお店なんです。

カフェの方に足を運ぶと、目の前にずらっと並ぶ美味しそうな料理たちはどれもフォトジェニック!

私の他にも思わず写真を撮ってしまうという人がたくさんいました。

沙矢佳

サンプル写真を撮るときは、斜めの角度から撮るとダイナミックに撮れるよ!

店内の天井のシャンデリアと本棚は、見逃しがちなフォトジェニックポイント

天井のシャンデリアと、本のアクセントは見逃しがちなフォトジェニックポイント

ソファ席の近くに座ったら見て欲しいのが、きれいなシャンデリアと天井に敷き詰められた本たち。

キラキラと光るシャンデリアは喫茶店のアンティーク感をさらに高めて、派手さもなく暗くもなく絶妙な空間を演出してくれます。

沙矢佳

一眼レフや、ミラーレス一眼レフで写真を撮っている人はクロスフィルターを使うのがおすすめ!

本はプリントされているだけなので取り出して読むことはできませんが、本好きにはたまらないフォトジェニックポイント!

喫茶店の中にはこの他にもたくさんの雑誌が置いてあるので、自由に読むこともできます。

沙矢佳

本も写真も存分に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごせるよ!

インスタ映えを狙うなら、フルーツティーとパンケーキを頼もう!

インスタ映えを狙うなら、フルーツティーとパンケーキを頼もう!

梟書茶房で私がおすすめするのはフルーツティーとパンケーキです。

タイトルに『本と珈琲』と書かれているのにもかかわらず、フルーツティーを頼んだのは私がコーヒーをあまり好きじゃないこともあるんですが、フルーツティーのフォトジェニックな写真を撮りたかったからです。

沙矢佳

でもこれが大正解でした!

フルーツティーに使われているフルーツは贅沢に生のものを温かい紅茶に入れて蒸したもの。

紅茶が飲み終わった頃にティーポットから取り出すと、熱でとろけたフルーツが口に入れた瞬間にふわっと溶けていくのはここでしか体験できません!

梟書茶房のフルーツティ

紅茶の方も注ぐと一見普通の紅茶に見えますが、口をつけて見るとフルーツの香りがふわっと広がって、紅茶嫌いの人でも飲みやすい味になっています。

価格は800円とちょっとお高めではありますが、2杯以上楽しむことができてフルーツもいただけるのでコスパも大満足な紅茶です。

梟書茶房のパンケーキはとっても分厚くて美味しい!

梟書茶房特製のパンケーキは580円とリーズナブルな価格とフォトジェニックな見た目で多くの人から支持を得ています。

スキレットいっぱいに広がったパンケーキはボリュームたっぷりで、ナイフが入らないほどふんわりしています。

シンプルにバターだけでいただくのもよし、お好みでメープルシロップをつけて甘さを堪能するのもよし、どちらの食べ方もおすすめです。

沙矢佳

ちなみに私のオススメはバターでいただくほうだったりします!

甘いフルーツティとパンケーキは疲れているときの最高の癒しになりますよね。

心もお腹も甘いもので満たされて、ハッピーになってください!

梟書茶房に実際に行って感じたこと

梟書茶房に実際に行って感じたこと

休日は長蛇の列が並ぶほどの人気店

梟書茶房が入っているエソラ池袋はJRや西武線から少し離れた場所にあるので、休日でも人口密度はそれほど高くないもののお昼以降は混雑が激しくなってきます。

私が入店したときは11時〜12時くらいだったのですが、すでに5組ほどの人が席を待っていました。

席を待つ場所もそれほど広くないので、待つ時間が長くなると足が疲れてしまうかもしれません。

特に14時以降はたくさんの人がアフタヌーンティーを求めて入店してくるので、ゆったりと店内を満喫したい人はなるべく早めに入店した方がよさそう。

沙矢佳

せっかくなら、朝早起きしてお店に行くのもいいかも!

店内は暗めなので、写真は撮りにくい

梟書茶房の店内の照明は、おしゃべりしたり読書したりするのには困らないものの、写真をきれいに撮れるほどの光の量はありません。

沙矢佳

私も気がついたら、フォルダがぶれぶれの写真でいっぱいでした…。

私は基本的に明るさを調節してシャッタースピードをオートにしているのですが、無理やり明るさをあげるとシャッタースピードが遅くなってぶれる確率が高くなります。

なのでカメラの扱いに慣れていない人は完全オートで撮影して、後から補正をかけていくと失敗のない写真が撮れます!

本と安らぎが欲しい人は、梟書茶房に足を運んでみよう

本と安らぎが欲しい人は、梟書茶房に足を運んでみよう

本が好きで、コーヒーが好きで、写真を撮るのも大好きなあなたには、梟書茶房がピッタリ!

普段なかなか自分の時間を取れないからこそ、休日はちょっとだけ羽を伸ばして都会の喧騒から離れてみてはいかがでしょうか?

本と書籍がセットになっているメニューを頼んで、普段読まないようなジャンルに手を出してみるのも楽しいです。

思わず写真を撮りたくなってしまう場所もたくさんあるので、友達との思い出づくりにもGOOD。

 

ホッと一息ついたら、今まで見えてこなかったものも見えてくるかもしれません。

梟書茶房は、いつでもあなたの帰りを待っています。

2 Comments

あきやま

ブログ、いつも参考にさせていただいています^^

画像の読み込みを遅延させるプラグインを使っているようですが、何というプラグインでしょうか?

ぜひ、利用したいのでよろしくお願いします。

返信する
沙矢佳

あきやまさん、いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます!

プラグインは『EWWW Image Optimizer』というプラグインで一括圧縮した後に、『Lazy Load』と『Regenerate Thumbnails』の2つのプラグインを使用しています。

とても使いやすいので、ぜひつかってみてください!

沙矢佳

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA