3373391

機材紹介|沙矢佳が実際に使っているカメラについて語り尽くすの巻

機材紹介|沙矢佳が実際に使っているカメラについて語り尽くすの巻

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

当ブログ、カメラオトメを書き始めてとうとう10ヶ月目に到達しようとしています。

せっかくカメラブログをやるんだから、どうせなら勉強がてらデジタルもフィルムも頑張ってみようと自分でも試行錯誤をしながらここまで走ってきました。

そして後ろを振り返ると。

カメラブログの成れの果て

(´,,•ω•,,`)?

 

 

ここで1年前と比べてみましょう。

型遅れの機種を買うメリット

(´,,•ω•,,`)???

 

カメラ、増えてね?

 

はい、気がついたらカメラに埋もれつつある生活を送っています。

私が持っているカメラは現在6種類。

  • SONYα7Ⅱ(フルサイズミラーレス)
  • OLYMPUS PEN EES-2(コンパクトフィルムカメラ)
  • OLUMPUS μ ZOOM 140 DELUXE(コンパクトフィルムカメラ)
  • Yashicaflex(二眼レフ)
  • Nikon new FM2(フィルム一眼レフ)
  • PENTAX SP(フィルム一眼レフ)

壊れて捨ててしまったジャンク品を含めると10台以上所有していたときもありました。

しかもほとんどがフィルムカメラばっかりというこの有様。

もう沼に両足を突っ込んだとしか言いようがありません。

これも全部カメラオトメを続けてきた功績だと思うと涙が止まりません、何やってんだ私。

しかも私は今ブログを書いて家に引きこもっていたい気分なので、ほとんど外出していないのにカメラが増えていく始末です。

 

 

…ほんと何やってるんだろうね、私。

 

 

そんなわけで、今回は涙を流しながら特にお気に入りの4台のカメラをご紹介していきたいと思います。

どれも大好きなカメラなんですが、ジャンルごとに一つずつお話しすることでさらに愛が伝わるはず!

途中で気になったカメラがあったら、ぜひアマゾンや楽天、公式サイトを見てみてくださいね。

レンズ遊びをするならSONYα7Ⅱ!手ぶれ補正つきミラーレスカメラを使ってオールドレンズを楽しもう

レンズ遊びをするならSONYα7Ⅱ!手ぶれ補正つきミラーレスカメラを使ってオールドレンズを楽しもう

まず最初にご紹介するのは私の一番愛するカメラ、SONYα7Ⅱです。

このカメラは去年の4月に購入したフルサイズのミラーレスで、私のブログのほとんどの写真をこの子が撮っているといっても過言ではありません。

【ポートレート】横浜で殻咲美羽さんを撮らせていただきました

センサーが大きいので同梱されていたレンズでも十分ボケるし、夜景にもめっぽう強いのでとても重宝しています。

SONYα7Ⅱに出会う前はCanon EOS KissX7という初心者向けのカメラを使っていたのですが、もうこのカメラなしでは今の生活は考えられないほど依存しています。

また海外のユーザーの中ではSONYα7シリーズにマウントアダプターを使って、他社のレンズを付け替えて楽しむ『レンズ遊び』が大人気だそう。

マウントアダプターを使えばフィルムカメラ時代のマニュアルレンズ(ピントを手動で合わせるレンズ)を活用できるとあって、フィルムカメラユーザーからも支持を得ているカメラです。

沙矢佳

私も早くマウントアダプターを買ってレンズ遊びがしたい…!

そう思いながら私は今日も記事を書いています。

フィルムカメラ初心者にオススメなのはNikon new FM2!写真学校でも使われた信頼できる一台

フィルムカメラ初心者にオススメなのはNikon new FM2!写真学校でも使われた信頼できる一台

次にご紹介するのは、Nikon new FM2というフィルム一眼レフです。

ニコンはF2、F3といった一桁のフラッグシップ機(プロ用の上位機種)が今でも人気ですが、あえて私はNikon new FM2を選びました。

それは何と言っても信頼性があったからです。

写りはもしかしたら一桁の機種に劣るかもしれませんが、なんせNikon new FM2は当時の写真学校の指定教材に使われていたほどの実力を持っています。

かたや私はフィルム一眼レフペーペーの初心者。

沙矢佳

これはもうNikon new FM2様にお世話になるしかない…!

そう思って購入したのですが、

 

買って1週間で落として壊したよね。

 

もうお前は何をやってるんだと言いたいくらいアホなことをしました。

幸い職場の方に泣きつき格安で修理(ついでにオーバーホールもしてもらいました)をしていただきましたが、いやーあの時の絶望感は半端なかったです笑

そんなこんなのトラブルを起こした私は学習したのかしてないのか、このカメラを持って外出することができなくなりました。

 

いつが時が過ぎて心も落ち着いたら、もう一度Nikon new FM2とお写ん歩できたらと思っています。

大切なフォロワーさんからいただいたOLYMPUS PEN EES-2は私のフィルムカメラの原点

大切なフォロワーさんからいただいたOLYMPUS PEN EES-2は私のフィルムカメラの原点

次にご紹介するのは私のフィルムカメラの原点とも言えるカメラ、OLYMPUS PEN EES-2というカメラです。

このフィルムカメラはハーフコンパクトフィルムカメラと呼ばれる機種で、1枚で2ショットが撮れるという不思議なカメラになっています。

OLYMPUS PEN EES-2で撮影した写真は、『初めてのフィルムカメラはOLYMPUS PEN EES–2!実際に撮ってみた』でもご紹介しているんですが、とにかく写りが好きです。

地元の写真を撮って見た

ハーフフィルムカメラは普通のフィルムカメラより画質が落ちてしまうことが多いのですが、絶妙な色味が私の写真にしっくりくるんですよね。

シャッターボタン一つ押せば写真が撮れてしまうところも好きで、何も考えずに写真を撮りたいときに重宝します。

その気楽さが、私をフィルム沼へとさらに突き落としたような気がします。

OLYMPUS PEN EES-2は初心者でも使いやすいカメラなので、もしフィルムカメラを使ってみたいという方はぜひこのカメラから初めてみてはいかがでしょうか?

ジャンクから拾ってきたYashicaflexはキレイにしてみたら全然ジャンクじゃなかった件について

ジャンクから拾ってきたYashicaflexはキレイにしてみたら全然ジャンクじゃなかった件について

最後にご紹介するカメラは中判カメラの一つ、二眼レフのYashicaflexです。

カメラをやっているとどうしても「中判やってみたいなぁ」ってなるんですよね、いやなるんです。

カメラが欲しい衝動に駆られて、「もうジャンクでもいいや!」と思い、仕事の休憩中に近所のジャンクカメラ屋さんに突入して手に入れたのがYashicaflexでした。

このYashicaflexはレンズにも動作にも問題がなく普通であれば10000円相当のカメラだったのですが、貼り革が劣化してパリパリになっていたので「1000円でいいよー。」と店員さんがまけてくれたのでした。

幸いカット済みも革も手に入れて5500円ほどで美品になってしまったこちらの二眼レフ、相場から考えても破格でした。

二眼レフは一眼レフにない魅力を持っていて、ファインダーを上から覗く新鮮さがとても好きです。

画質もデジタルとは比にならないくらいキレイらしく、いつかこのカメラでポートレートを撮れたらなあと思っています。

ぜひ被写体になってみたいという方は、ツイッターのDMやお問い合わせページからご連絡くだされば嬉しいです。

 

あとカメラストラップ買わなくちゃ…。(さっさと買いなさい)

まだまだ私はカメラと一緒にいたい、カメラ沼に浸かっていたい

「カメラなんてどうせほとんど同じじゃない?」

カメラを手に入れた21歳のときの私はそう思って一眼レフを始めました。

でも気がついたら2台、3台、4台…減るどころかますます数は増えていくばかりで、今では収拾がつかなくなりそうになっています。

どのカメラも大好きで仕方がなくて、前の職場を飛び出して今はカメラ屋さんで仕事をすることに。

漠然と『好きなことを仕事にしたい』と思っていた夢が、いつの間にかしっかりと形になってきたのもカメラのおかげです。

まだまだ写真もうまくないし、カメラ屋さんの仕事は怒られることも多く落ち込んでしまう時もたくさんありました。

それでもやっぱり私はカメラと一緒にいれてよかったなと心から思っています。

 

死にたい死にたいと思っていた私に生きる希望を与えてくれたカメラに恩返しがしたい。

これからカメラを始める女の子たちのために役立つ情報を発信したい。

 

そんな思いで始めたカメラオトメも気がつけば100記事を到達しようとしています。

これからもカメラはどんどん増えていくだろうし、このページもさらに追記されていくでしょう。

それでも私はカメラの沼に浸かってよかったと心から思っています。

 

No camera, No life.

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事3選