細かいカメラの汚れやホコリは工業用綿棒で優しくスッキリ落とそう【PR】

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

皆さん、カメラのメンテナンスはきちんとやっていますか?

以前の記事でもご紹介したのですが、カメラのメンテナンスはしっかりしないと曇りやカビの原因になってしまうこともあります。 

参考記事は以下のリンクをチェック!
カメラ店員直伝!一眼レフ・ミラーレスカメラのメンテナンス方法カメラ店員直伝!一眼レフ・ミラーレスカメラのメンテナンス方法

私はフィルムカメラを多く使っているんですけど、やっぱり古いものなのでどうしても細かい部分の汚れが取れずにもやもやとしていました。

カメラの縁などは普通の綿棒では取れないし、かといって尖ったもので磨こうとすると傷がつくのではないかという心配がありました。

長年放置して諦めていた汚れたちを、今回コラボ記事ということで株式会社エレメック様からご提供いただきましたお掃除アイテムを使いながらご紹介していこうと思います。

工業用になりますがカメラのメンテナンスにもピッタリだったので、気になる方はこちらのホームページのリンクをチェックしてみてくださいね。

今回ご提供いただいたのはステンレスグリップの工業用綿棒、【グリーンスティック】

今回ご提供いただいたのはステンレスグリップの工業用綿棒

私はカメラ店員時代にもカメラの汚れを落とすために、お掃除グッズとして綿棒を使っていました。

綿棒は先が丸まっているので、カメラのボディを傷つけることもなく、エタノールといった液体も含ませやすいというメリットがあります。

ただ綿棒なので、力を入れているうちに先がボロボロになってきたり、軸が折れてしまったりと耐久性が弱いのが難点でした。

お店の備品だったので何度も使えましたが、これが自分で購入するとなるとなかなか1回に数本使うなんてことは、もったいなくてできませんよね。

そこで今回いただいた工業用綿棒、【グリーンスティック】の出番が出てきます。

工業用綿棒も調べてみるといろんな種類があるのですが、今回ご提供頂いた綿棒の特徴はなんと言ってもステンレスの軸にあります。

ご存知の通り、ステンレスは鍋などにも使われている強い素材なので、力をかけてもなかなか折れにくいんです。

また中の綿棒部分が繰り出し式になっているため、汚れてきたら先端を切って新しい部分を使うことができるのも嬉しいところ。

実際数回使ってみたのですが、本当にゴミが出なくて衛生的なアイテムです。

フィルムカメラの清掃に工業用綿棒を使ってみた

ここからは私が愛用しているフィルムカメラ、OLYMPUS PEN EES-2を使ったレビューをご紹介していこうと思います。

デジタルカメラは新品のものも多いので、比較的メンテナンスは軽くで大丈夫なんですけど(使用度にもよります)、フィルムカメラは年代が古いものが多いので、どうしても汚れがつきやすいです。

特に電池を使わない機械式フィルムカメラは、金属で作られていることが多いので、指紋や手アカがめちゃくちゃ付きやすいです。

私も何度も汚れを落とそうとトライしたのですが、やはりカメラの縁といった細かい部分はなかなか手が届かなくてずっと放置したままでした。

そしてこちらが実際の写真です。

なかなかに汚いでしょ笑

特にフィルムカウンター周りの汚れがこびりついているのが本当に嫌だったんです;;

こちらを工業用綿棒で綺麗にしていきます。

こちらを工業用綿棒で綺麗にしていきます。

今回は2サイズいただいたので、カメラの溝に合わせて2種類を使い分けていきます。

事前に用意しておいたエタノールもしっかり完備。

[say]準備も万端になったので、実際に使用してみましょう

綿棒の先がフィットするので、とても使いやすいです。

普通の綿棒だとどうしても使っているうちに先端がよれてしまうのですが、さすが工業用綿棒、力を入れても全くよれる気がしません。

本当にするすると先端が進むので、お掃除も簡単。

小さい方の綿棒も強度がかなりあるので、どんなに力を入れても安心して作業を進めることができます。

底面のロックボタンの周りもこの際だから綺麗にしておきます笑

最後にエタノール部分を綺麗にクロスで拭き取れば、お掃除の終わりです。

使用したのは30分程ですが、この時点でめちゃくちゃ汚れがもっさりとれてます。

その写真がこちら

↓↓↓

綿棒の形などはほとんど変わっていませんが、汚れで茶色く先端が変色しているのが分かります。

結構場所によっては力を入れて磨いたところもあったんですけど、形が全く変わらないのでとても便利でした。

汚くなった部分はこのようにニッパーやハサミで切り落とせば、また新しい綺麗な部分を使うことができます。

出るゴミも最小限で済むので、とても衛生的です。

グリーンスティックのおかげで、掃除がもっと楽しくなりました!

普段のカメラのお掃除に工業用綿棒を取り入れて、効率よくカメラをメンテナンスしよう

実は今カメラのお掃除が終わったばっかりなんですけど、カメラがとてもピカピカになってウキウキしながらブログを書いています。

今まで苦労して細かい汚れを取ってきた私の苦労はなんだったんだろうという感じです。

この綿棒が少しでも気になった方は、以下のリンクから詳しい内容をチェックしてみてくださいね。

私に続いて、工業用綿棒をメンテナンスに使う人がもっと増えますように。

撮影の汚れは、その日のうちに落としてしまいましょう。

 

Have a happy camelife!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA