【保存版】インスタグラマーはハッシュタグをキーワードで考える!効果的な付け方をしっかりチェック

【保存版】インスタグラマーはハッシュタグをキーワードで考える!効果的な付け方をしっかりチェック

みなさんInstagramを使うときに、しっかりハッシュタグを考えていますか?

Instagramは個人だけではなく企業も活用するほどポテンシャルが高いSNSと言われています。

最近では検索機能を使わずにハッシュタグ検索だけを使って情報を集めているという人もどんどん増えてきています。

そのためハッシュタグをうまく使いこなせないと、アピールもできずただ投稿しているだけになってしまうことも。

ただ投稿しているだけになってしまうと、アカウントを運用している意味もなくなってしまうので、必ずハッシュタグはチェックしていきたいところです。

そんな前置きを踏まえて、今回のカメラオトメでは『ハッシュタグの効果的な活用方法』についてお話をしていきます。

この記事を読んでぜひあなたも投稿のハッシュタグについて考えてみてくださいね。

 【前提】ハッシュタグと普通の文章はどう違うのかもう一度チェックしてみよう

おさらいとしてまず、ハッシュタグと普通の文章の違いについてみていきます。

まず普通の投稿の文章は、ただの文章と同じなので文字は黒くなりリンクにもなりません。

そのためウェブに上がるような文章と同じ扱いになることがわかります。

それに対してハッシュタグ付きの文章は、『#(ハッシュタグ)〜』からの文字がリンクになり、クリックすることができます。

 

また『ハッシュタグ検索』といって、そのハッシュタグがついた投稿を一覧にして見ることもできます。

この検索結果に載るためにも、ハッシュタグをしっかり投稿の中に入れておく必要があることがわかります。

ただハッシュタグが反映される数も決まっていて、『1投稿につけられるハッシュタグは30個まで』となっているので注意が必要です。

そのため30個までという限られた数の中で、有効なハッシュタグをつけなくてはいけません。

 

その活用法について、今回はこの記事でお伝えしていこうと思います。

Instagramのハッシュタグを考えるときはキーワードのボリュームが大事になってくる

Instagramのハッシュタグは日本語だけではなく英語も合わせると、とてつもない数が存在します。

そのため普通にハッシュタグをつけただけでは投稿が流れてしまい、みんなに見てもらえなくなるというデメリットも出てきてしまいます。

誰にも見てもらえないというデメリットを防ぐためにも、キーワードのボリュームを考えるのはとても大切です。

ここからは、キーワードのボリュームについて考えていきたいと思います。

 

ハッシュタグを考えるときのキーワードのボリュームは大きく分けて、以下の3つが存在します。

  • ビッグワード
  • ミドルワード
  • スモールワード

この3つのワードのバランスを考えていくことがとても大切になってきます。

ここからは実際に図を使って、それぞれのボリュームについて考えていきましょう。

 

この例で考えていくと、まずビックワードは『ケーキ』になります。

ケーキというとチョコレートケーキやショートケーキも含まれるため、とても投稿数が多いキーワードであることがわかります。

その代わりケーキという単語は多くのユーザーが見てもらえるので、閲覧数を増やすことができます。

まとめるとビッグワードは、『みんなに見てもらえるが、投稿数が多いために流されやすいキーワード』であることがわかります。

 

次に少し細かく分野を絞ってみたのが、次の『ミドルワード』です。

ミドルワードはビッグワードほどのボリュームはないけれど、ある程度の層を絞ることができるため積極的に使っていくのがオススメです。

ミドルワードは1000-10000くらいの投稿数ものを狙っていくと、徐々に人気投稿で上位を取れるようになってきます。

ただミドルワードもビッグワード同様差別化が難しいため、次のスモールワードもしっかり組み合わせていく必要があります。

まとめると、ミドルワードは『ある程度ユーザーを絞ることができて、人気投稿上位を狙いやすいキーワード』であることがわかります。

 

最後にブランディングに必要になってくるのが、『スモールワード』の存在です。

スモールワードはビッグワードやミドルワードよりもさらに範囲を狭めたキーワードのことで、投稿数は少なめになっています。

多くの人には見てもらえないワードではありますが、本当に必要な情報だけをまとめることができるのでブランディングには最適です。

この例だとお店のバースデーケーキの名前がスモールワードのハッシュタグになっているため、そのお店のバースデーケーキの情報を集めたい人がチェックすることになります。

そこでしっかりと情報を伝えることで、新たなファンを獲得することにつなげることができるのです。

まとめると、スモールワードは『多くの人には見てもらえないが、本当に必要な情報だけを相手に届けることができるキーワード』となります。

ハッシュタグのキーワードのバランスは、『1:2:1』を意識するとフォロワーが増えやすくなる

ハッシュタグのボリュームに違いがあることを理解した上で、バランスを考えていくと『1:2:1』くらいのバランスがちょうどよくなります。

特にフォロワーが少ない時期はビッグワードとスモールワードは一長一短なのでそれぞれを同じような数にして、ミドルワードを充実させるようにするのがポイントです。

最初はハッシュタグをつけるのにも時間がかかると思いますが、このバランスを意識するようにするとどんどんスピードが上がってくるはずです。

またいつも使うハッシュタグはアプリで管理しておくと、新たに打ち直す手間を省くことができます。

アプリ情報はこちら

この記事を合わせて読むと、よりハッシュタグについて勉強することができますよ。

ハッシュタグはキーワードのバランスを考えるだけで露出が増える=フォロワーが増える!しっかり考えて付けていこう

ここまでハッシュタグの付け方についてご紹介してきましたが、一番大事なのは『キーワードのボリュームのバランス』です。

ビッグワードやミドルワードだけに頼らず、スモールワードと合わせてきれいにターゲッティングしていく必要があります。

このバランスをしっかり考えていくだけで、今まで流れ過ぎてしまっていた投稿が止まるようになり投稿の露出が増えていきます。

露出を増やすだけでフォロワーは自然と増えていくので、フォロワーが少ない時期は特にハッシュタグをチェックしていきましょう。

Instagram集客・販促ガイド ビジュアルで“買いたい”をつくる! [ 金本 かすみ ]
created by Rinker

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA