【M42】FUJINON 55mm F1.8レビュー、フィルムメーカーの存在感溢れるオールドレンズ 【作例多数】

【M42】FUJINON 55mm F1.8レビュー、フィルムメーカーの存在感溢れるオールドレンズ 【作例多数】

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

私は最近オールドレンズにハマっていて、いろんなカメラ屋さんをめぐっては、ジャンクのレンズを買い集めています。

私の持っているカメラはフルサイズなので、オールドレンズにも相性がいいんですよね。

海外でソニーのミラーレスが流行ったのはこういったオールドレンズのようなフィルム時代のレンズでレンズ遊びができる側面もすごく大きかったらしいです。

フィルムでも写真は撮るのですが、やはりレンズの写りは一度デジタルで確認した方がいいため、私はよくマウントアダプターを付けて撮影をしています。

さて、そんなわけで今回も作例を含めながら新しく手に入れたレンズの紹介をしていこうと思います。

今回紹介するのは、『FUJINON 55mm F1.8』というM42マウントのレンズ

今回紹介するのは、『FUJINON 55mm F1.8』というM42マウントのレンズ

今回のオールドレンズは、今をときめくフジフィルムのレンズです。

マウントは国際規格のM42マウントなので、使いやすいのが特徴です。

フジフイルムはミラーレスカメラでも有名ですが、やはりフィルムメーカーならではの独特の写りがあると思います。

私も一時期フジフィルムのカメラが欲しいなと思っていた時があって色々と調べていたのですが、やはりフジユーザーはその写りが好きで購入する人が多いですね。

今回はフジのカメラではないのですが、フジの映りを楽しめるような写真をたくさん撮ってきたので、こちらも合わせて楽しんでいただければと思います。

【M42】FUJINON 55mm F1.8レビュー、フィルムメーカーの存在感溢れるオールドレンズ 【作例多数】

『FUJINON 55mm f1.8』はフィルムカメラ一眼レフについていたのットレンズで初期型や中期型、後期型といった時期によってレンズ外観がちょくちょくと変わっているのが特徴です。

私のものはおそらく後期型だと思うのですが安っぽさもなくて、数値もとても見やすいので実用的なレンズだなという印象がありました。

持ってみた感じもそこまでチープ感はなく、金属などではなぜ強いとした感じが手にフィットしています。

レンズ状態ははやはりジャンクなのでそこまで質の良いものではないですが、500円でも相当の写りをしてくれたので、とてもいい買い物だったと思います。

    <div class="say left">
 <p class="faceicon"><img src="https://camera-otome.com/wp-content/uploads/2017/12/DtSBYJnQ.png-large-e1513332210816.png"><span></span></p>
 <div class="chatting"><div class="sc">私のおすすめは、K&F Conceptのマウントアダプターです</div></div>
 </div>

このレンズは押しピンタイプ(ピンが押された状態で絞りが作動するタイプ)なので、ピンがしっかり押し込めないと絞りが連動しないようになっています。

この押しピンタイプの絞りはマウントアダプターによってうまく作動しないということもあるので、気をつけてください。

私のおすすめは、K&F Conceptのマウントアダプターです

    <div class="say left">
 <p class="faceicon"><img src="https://camera-otome.com/wp-content/uploads/2017/12/DtSBYJnQ.png-large-e1513332210816.png"><span></span></p>
 <div class="chatting"><div class="sc">私のおすすめは、K&F Conceptのマウントアダプターです</div></div>
 </div>

中国製ではありますが、とても使いやすくリーズナブルな価格で手に入れられるのでめっちゃオススメです。

詳しい情報はこちら

マウントアダプターに関する記事はこちらをチェックしてみてください!
K&F CONCEPTのマウントアダプターがすごい!プチプラでレンズ遊びを楽しもう【レビュー】K&F Conceptのマウントアダプターがすごい!プチプラでレンズ遊びを楽しもう

今回のレンズは実はちょっとくもりがありまして、すごくきれいなレンズというわけではありません。

ただデジタルカメラなら、そこまでくもりやカビ等に気をつけなくてもいいかなという気もしています。
(デジタル補正されるので)

この価格でこの質なら全然いい方かなという感じなので、レンズの状態が気になる方はきちんとしたお店で買った方がいいかもしれないです。

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

ここからは私が撮影した実際のレンズの写真をご紹介していきます。

撮影した場所は室内や屋外など、とりあえず色んな場所で写真を撮ってみました。

どの写真も少しノスタルジーなエモい写真が撮れているのでお気に入りの写真を見つけていただけたらいいなと思います。

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

 

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

 

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

 

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

 

FUJINON 55mm f1.8の写りは万能に使えるオールマイティ選手!とにかくエモい写真になります

 

オールドレンズで写真を楽しむコツは完成度を高めるのではなくて、写りを楽しむこと

オールドレンズで写真を楽しむコツは完成度を高めるのではなくて、写りを楽しむこと

オールドレンズで写真を楽しむコツは完成度を高めるのではなくて、写りを楽しむこと

オールドレンズの楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、私はやはりレンズ独特の写りを楽しむのが一番いいのかなと思っています。

もちろん出来栄えをチェックするのも上達においては必要なことですがオールドレンズの醍醐味といえば、やはりその写真の写り具合。

私はこれまでいろんなオールドレンズを使ってきていますが、やはり一つ一つにレンズの特徴があってどれも同じというものはありませんでした。

その上オールドレンズというものはひとつひとつの品質が違うため、レンズの数だけその写りがあります。

オールドレンズで写真を楽しむコツは完成度を高めるのではなくて、写りを楽しむこと

有名なところではM42のヘリオスのぐるぐるボケなどがInstagramでも流行っていますが、これを加工だけで表現しようとすると相当の技術が必要になります。

私もまだまだ触ったこともないレンズも多いしですし、これからもいろんなオールドレンズに触れながらカメラオトメでご紹介できたらいいなと思っています。

ぜひ、あなたもオールドレンズの世界を堪能してみてください。

それでは、またお会いしましょう。

 

Have a happy camelife!

 

レンズ記事はこの他にもまだまだあります、気になるものをチェックしてみてください

今回ご紹介したレンズの他にもカメラオトメにはたくさんの作例記事があります。

気になったものから、チェックしてくださると嬉しいです。

感想などもどしどし応募していますよ(*^O^*)

【M42】ヘリオス58mmF2レビュー、ぐるぐるボケを楽しめるロシアンレンズ【作例】【M42】ヘリオス58mmF2レビュー、ぐるぐるボケを楽しめるロシアンレンズ【作例】【M42作例】PENTAX Super Takumar 55 f1.8で紅葉と銀杏を撮影してきた【M42作例】PENTAX Super Takumar 55 f1.8で紅葉と銀杏を撮影してきた【レビュー】FE 50mm f2.8 macro を一年間使った使用感や作例を徹底解説【レビュー】FE 50mm f2.8 macro を一年間使った使用感や作例を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA