【大判カメラ・中判カメラ・35ミリカメラ】カメラ女子のためのフィルムカメラ講座

【カメラ講座】大判カメラ・中判カメラ・35ミリカメラの特徴まとめ

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

カメラ女子といえば1台は持っていたいフィルムカメラ

時代はデジタルカメラが主流ですが、古き良きを求めてフィルムカメラにたどり着くカメラ女子も多いことでしょう。

今回はフィルムカメラの基本中の基本から、デジタルカメラとの違い、それぞれのフィルムカメラの特徴についてまとめていきます。

沙矢佳

なんだ、フィルムカメラって簡単じゃん!

なんて胸を張っていえるような内容になっているので、これからフィルムカメラで写真を撮りたいというカメラ女子にはぴったりの記事になっています。

沙矢佳

それでは早速いきましょう!

フィルムカメラの基本について

フィルムカメラ,初心者

フィルムカメラはフィルムに画像を保存するカメラ

デジタルカメラが主流になる前は、光と色をフィルムに焼き付けることで写真を保存していました。

フィルムは簡単にいうと黒いシートになっているもので、光にとても弱いです。

そのためカメラという「箱」で光の管理をしていました。

構造自体は簡単なものなのでフィルムカメラの種類によっては、電池なしで動くものもあります。

沙矢佳

電池がいらない代わりに、光の調節などを自分でやらなきゃいけないっていうデメリットがあるよ!

フィルムはシートフィルムとロールフィルムがある

フィルムは大きく分けて1枚ずつのシートになっているシートフィルムと、フィルムが1枚ずつ繋いでロール状になって巻いていくロールフィルムの2種類があります。

よくわからないという方は1枚ずつ撮影していくチェキと、巻いて使っていく写ルンですを想像してみると簡単かもしれません。

シートフィルムは大判カメラという大きなフィルムで使われることが多く、ロールフィルムは35ミリカメラや中判カメラという一般的なカメラで採用されています。

沙矢佳

一般的にはロールフィルムの方が安くて、撮れる写真もたくさんあるよ!

一番有名で使いやすいのは35ミリカメラ

後ほど詳しく説明しますが、フィルムカメラは大きいものから順に大判カメラ、中判カメラ、35ミリカメラの3種類に分かれています。

その中でも35ミリカメラは持ち運びのしやすくフィルムの装着が簡単にできるので、フィルム初心者のカメラ女子は35ミリカメラを手に入れるのがおすすめです。

フィルムカメラとデジタルカメラとの違い

フィルムカメラ,初心者,デジタルカメラ

撮影した写真をその場で確認できない

デジタルカメラと違ってフィルムカメラはSDカードに写真を保存しているわけではないので、撮ったその場で写真を確認することはできません。

フィルムカメラで撮った写真を確認したいという人は一度カメラ屋さんに行ってフィルムを現像してもらう必要があります。

そのぶん狙って撮るので写真がより思い出深く、写真に対して真摯な気持ちで撮ることができるという利点もあります。

最近ではフィルム写真をデータ化してくれるサービスも普及しているので、そういったサービスを利用するのもおすすめです。

中古品が多い

デジタルカメラの普及によって撤退を余儀なくされたフィルムカメラは需要自体も少ないので、フィルムカメラを新品で手に入れるとなると金額がとても高くなります。

なのでフィルムカメラを手に入れるとなると、中古カメラ店やオークションといった方法が挙げられます。

中古品なので比較的安く手に入れられることはできますが、新品がいいとなるとそれなりに苦労することになります。

ランニングコストがかかる

デジタルカメラはカメラとレンズ、SDカードがあれば大抵のものは撮影することができます。

ですがフィルムカメラはそうはいきません。

写真を撮影する前にフィルム代、写真にする現像代、最近だとCDデータ代が撮影した枚数分かかることになります。

こういうとイメージが湧きにくいかもしれませんが、

沙矢佳

めちゃくちゃお金かかります

肝に命じておいてください。

フィルムカメラの種類

フィルムカメラ,種類

大判カメラ

【カメラ講座】全てのカメラの原点!大判カメラについて語ります【カメラ講座】全てのカメラの原点!大判カメラの基本講座
特徴
  • 大判カメラは、4×5インチ以上のカメラのこと
  • モノレールカメラとフィールドカメラの2種類に分かれている
  • 撮影するときは冠布(遮光布)とよばれる布を被って蛇腹でピントを合わせた上で、フィルムを装填して写真を撮る
メリット
  • アオリ撮影ができる
  • いろんなサイズの写真が撮影できる
  • 大人数で撮影してもくっきりきれいに撮れる
デメリット
  • 持ち歩きがしにくい
  • 写真の修正でアオリ撮影ができるようになった
  • ランニングコストが一番高い
おすすめの人
  • 写真を一から勉強したい人
  • 大判カメラは操作が全て手動なので基礎を一から学べる

中判カメラ

【カメラ講座】中判カメラってどんなカメラ?特徴や種類について解説します【カメラ講座】中判カメラってどんなカメラ?特徴や種類について解説します
特徴
  • 中判カメラは大判カメラと35ミリカメラの中間のサイズ
  • 一番小さい画面サイズで35ミリフィルムカメラの2.7倍
メリット
  • 画質がいい
  • ロールフィルムが使える
デメリット
  • カメラが重たくて大きい
  • 三脚がないとぶれやすい
おすすめの人
  • フィルムカメラ中級者におすすめ
  • 二眼レフというレンズが2つあるカメラで撮影したい人
  • 自然や風景をきれいに残したい人

35ミリカメラ

【カメラ講座】フィルムカメラを始めるならまず35ミリカメラ!フィルムカメラの基礎についてお話しします【カメラ講座】フィルムカメラを始めるならまず35ミリカメラ!フィルムカメラの基礎についてお話しします
特徴
  • フィルムカメラの中で一番小さくて広く使われている
  • フィルムはロールフィルムを使って撮影する
  • デジタルカメラのセンサーの基準にもなっている
メリット
  • 持ち運びが簡単
  • フィルムの価格も安い
  • 現像価格も安い
デメリット
  • フィルムのサイズが1種類しか使えない
  • 大判カメラ、中判カメラに加えると画質が悪い
おすすめの人
  • フィルムカメラ初心者におすすめ
  • 一番最初はレンズと一体になっているコンパクトフィルムカメラがおすすめ
  • ステップアップには一眼レフやレンジファインダーカメラがおすすめ

最後に

いかがでしたか?

私は35ミリフィルムカメラを2台持っているのですが、どちらも私の大切なカメラです。

フィルムカメラの楽しいところはなんといっても、「使うフィルムによっても撮れる写真が変わってくること」

ブランドを変えるだけでも雰囲気や色感が全く変わってくるんです!

カメラオトメではフィルムについてもたくさんご紹介していく予定なので、楽しみに待っていてくださいね。

デジタルカメラでは味わうことができないフィルムカメラのよさを、ぜひご自身で体感してみてください。

沙矢佳

カメラオトメはこれからもあなたのカメラ女子ライフを応援しています!

デジタルカメラについても知りたいという人はこちらの記事もチェック👇

【一眼レフ・ミラーレス・コンデジ】カメラ女子のためのデジタルカメラ講座まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください