【コスパ最強!】CanonからフルサイズミラーレスEOS RPが発売!特徴や価格の最新情報まとめ

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

2月も中盤になり、いよいよ春に近づいてきましたね。

徐々に梅も咲き出したなか、先日キャノンからフルサイズミラーレスカメラ『EOS RP』が発売されることが決定しました。

キャノンもフルサイズミラーレスカメラは2台目ということもあり、どういうカメラを出してくるのかと興味深々でしたが、今回は個人的にも物凄いカメラを出してきたなと思っています。

はっきり言ってモンスターレベルです笑

Nikonも2台目のフルサイズミラーレスカメラZ6を発売していて、フルサイズミラーレスカメラは今空前の大ブーム。

このブームはいつまで続くか分かりませんが、カメラユーザーにとっては見逃せない展開ですよね。

今回はそんな新発売のEOS RPをテーマに情報をまとめていきたいと思います。

カメラ自体は3月の中旬には発売なので、まだまだ詳しい内容は出ていませんが、できる限りの内容をこの記事書いていきます。

『Canon EOS RP』はハイアマチュア向けの中級機ミラーレスカメラ 

 

今回発売されるEOS RPは前回に発売されたEOSRのダウングレードバージョン。

EOS Rが上級者向けの機種ならば、EOS RPは初心者でも扱いやすい大衆機ということができます。

 

私が初めてEOS RPを見たときにびっくりしたのはとても小さくて軽いボディだということ。

元々ソニーのフルサイズミラーレスカメラは使っていましたが、EOS RPはそれを上回るほどのコンパクトさ。

 

キャノンの売りは6DやKissシリーズのように、小型軽量化のカメラを発売するのが強みでした。

でも流石にここまでコンパクトなフルサイズミラーレスカメラを持ってくるとは思っていませんでした。

 

EOSRを一回り小さくしたボディは、まさに初心者向けの一眼レフのようにとってもコンパクト。

まさにどこにでも持ち歩けるフルサイズミラーレスカメラになっています。

 

特に女性には嬉しい情報かもしれないです!

重たい一眼レフから解放されるのは嬉しい!

また小型化に伴って軽量化もされていて、その重さはなんと485g

1本約500グラムのペットボトルよりも軽い設計になっています。

まさに一眼レフとミラーレスカメラのいいとこどりをしたカメラということができるのではないでしょうか。

オートフォーカスも更に強くなったため、ピント合わせもラクラク

EOS RPのフォーカススピードはなんと0.05秒!

撮りたい瞬間にシャッターを切ることができるカメラになっています。

また背面モニターもタッチパネルを採用。

ワンタッチでピントを合わせてそのままシャッターを切ることもできます。

また液晶モニターはバリアングル式のモニターを採用していて、180度モニターが回転するようになっています。

フルサイズミラーレスカメラといえば液晶モニターはチルト式のものが多く、上下に動くものが基本でしたが今回のバリアングル式はまさに画期的。

この軽さで、この性能を出せるのはさすがCanon!

すごいぞCanon!

手ブレ補正も動画機能も思いのまま、これ1台でバラエティ豊かな撮影ができます

キャノンといえば忘れてはいけないのが手ぶれ補正機能

今回も手ぶれ補正はレンズ側についていますが、その機能はお墨付きです。

私も以前キャノンの一眼レフを使っていましたが、手ぶれ補正に何度助けられてきたかわかりません。

またこれだけのコンパクトさで、動画も4Kが撮影できるのでびっくりです。

 

これはさすがに私もびっくりしました…

もちろん動画の機能だけで切り取るとパナソニックのミラーレスカメラと比べると見劣りをしてしまいますが、これだけのコンパクトさで4K動画が撮影できるのは凄いと思います。

コンパクトさをきっちり保ちながらかつ今までの技術を結集した最強のミラーレスカメラですよね。

商品情報はこちら

EOSRP-35MISSTMLK キヤノン フルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS RP」RF35 MACRO IS STM レンズキット Canon
created by Rinker

EOS RPは最強コスパカメラ!ボディは何と16万円で手に入れられます

さて、ここまで話してくると気になってくるのがお値段です。

ソニーやニコンのミラーレスカメラもいいお値段がすることで有名ですが、やはりコスパが良いものを選びたいもの。

そんなあなたを救ってくれるのがこのEOS RPなんです。

 

フルサイズミラーレスカメラだと現行のものでも200,000円以上してしまうのは当たり前でした。

でも今回の予算RPはなんと200,000円を大きく切ってボディーだけで16万円台円で購入することができます。

EFマウント変換のマウントアダプターを付けても200,000円を切らないのはさすが!

 

このままマウントアダプターをつければ一眼レフ時代のレンズもつけることができるので、レンズの使い回しをすることもできます。

私ならRPとマウントアダプターのセットを購入して、EFマウントの純正型落ちのレンズを購入したいなと思います。

もともとボディ自体のオートフォーカスが早いので、マウントアダプターをかましてもそこまで遅くはならないはず。

 

そういったコスパを考えた使い方が出来るのもこのカメラならではのことではないでしょうか。

色んな遊び方ができるこのカメラを手に入れるだけで、あなたのカメラ生活は一気に変わるはずです。

私はもう散財が確定していますが、ぜひあなたもこの沼に入ってみませんか。

 

ちゃっかり購入宣言です!

商品情報はこちら

EOSRP-35MISSTMLK キヤノン フルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS RP」RF35 MACRO IS STM レンズキット Canon
created by Rinker

今回発売されるEOS RPのカラーはブラックとゴールドの2種類

そろそろ東京オリンピックが近くなってきたということで、EOS RPも限定色が出ることが予告されています。

そのカラーはなんとゴールド!

東京オリンピックにぴったりのゴールドカラーのボディーが目印になっています。

ゴールドカラーのものは、貼り革もブラウン仕様でとってもおしゃれ。

 

他の人と変わったカメラが欲しい人にもぴったりです。

またカラー選びで注意したいところが予約購入でもらえる全員へのプレゼント

ブラックとゴールドでプレゼントされるものが違うので自分の欲しいものを選ぶ必要があります。

ブラックではエクステンショングリップまたはバッテリーパック&SDカードを手に入れることができます。

またゴールドは先着5000台の限定発売になっていて、2020年の東京オリンピックの観戦チケットが当たるというキャンペーンも付いています。

 

またキャノン限定の東京2020重記念グッズとしてカメラバッグレザーストラップが付いてくるところがポイントです。

自分がどの特典が欲しいかによっても、購入するカラーが変わってくるとは思います。

実用を取るか、オリンピックを取るか…悩みどころですよね。

ちなみに私はブラック派です

EOS RPはどこで発売されるの? 1部店舗では予約を開始しています

ここまで話してくると予想RPが気になって来たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まだまだ情報は出たての部分が多いですが、マップカメラ等の一部店舗ではもう予約が開始しているそうです。

ショップ情報はこちら

このコスパといい機能といい今回は気になっているカメラユーザも多いのではないでしょうか。

予約をせずに当日買うとしても売り切れてしまうと言うこともあると思うので事前に購入しておくのはオススメです。

学生さんだと楽天学割を使ってお得にカメラを購入することができるので、ぜひこのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

5分で登録完了!

私もそろそろブラックを予約したいと思うので今もっているカメラを売却しようと考えています。

この春はいろんなところからいろんなカメラが発売されるので、どうしても迷ってしまいますよね。

私も4月までにはメインカメラを手に入れられたらいいなと思っています。

一緒に貯金がんばりましょう

 

Have a happy camelife!

 

商品情報はこちら

EOSRP-35MISSTMLK キヤノン フルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS RP」RF35 MACRO IS STM レンズキット Canon
created by Rinker

EOS RPと同時期に発売されるカメラ情報はこちら

スナップシューターでどんな場面も逃さない『RICOH GRⅡ』はポケットに入る最高画質【2019年春発売】RICOH GRⅢが発表!基本スペックからGRⅡとの比較まとめ【追記済】【2月発売】SONYα6400が発売決定!動画機能に特化した初心者にもオススメのエントリーモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA