DAISOの電球ボトルとワイヤーライトを組み合わせたら、最強のインテリアになった

DAISOの電球ボトルとワイヤーライトを組み合わせたら、最強のインテリアになった

あるとき私は気がついた。

「電球は光るものなんじゃないか」

と…。

 

(((当たり前)))

 

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

今回は百均でも簡単に手に入れられるアイテムを組み合わせて、おしゃれなインテリアを作ってしまおう!というテーマでお送りします。

この記事で使うアイテムは最近雑貨屋さんでもよく見るようになった『電球ボトル』

昨年電球ソーダが流行ったのをきっかけに、今年も電球をモチーフにしたアイテムがたくさんいろんな場所で売られています。

特に電球ボトルはテラリウムにしたり、ハーバリウムにしたりするなど使い道がたくさんありますよね。

そんな電球ボトルを簡単におしゃれにフォトジェニックにアレンジした『電球ボトルライト』の作り方をレクチャーしていきます!

とっても簡単なので、この記事を読み終わったらぜひトライしてみてくださいね。

【準備するもの】100均(DAISO)で揃える3つのアイテムを紹介

【準備するもの】100均(DAISO)で揃える3つのアイテムを紹介!

電球ボトルライトを作るのに必要なアイテムは全部で3つ。

  • 電球ボトル
  • ワイヤーライト(点滅するものでも点灯するものでもお好きなものをチョイス)
  • 電池(ワイヤーライトに使用するボタン電池)

電球ボトルは雑貨のところになかったら、ガーデニングやテラリウムコーナーを探してみてください。

DAISOのワイヤーライトは点滅タイプと点灯タイプの2種類がある

ワイヤーワイトはスイッチを入れると点滅して光るものと、点灯する(点滅しない)ものの2種類があるので自分が好きなものを選舞踊にしてください。

(私は何も知らなくて点滅タイプを買っちゃいました)

私が購入したワイヤーライトはLR44(ボタン電池)を3つ使うタイプだったので、2個入りの電池を2つ購入。

そんなわけで今回電球ボトルライトを作るのに必要な予算は432円(税込)だけで済みました。

めっちゃくちゃ安い。

電球ボトルライトは簡単3つのステップですぐに完成!

電球ボトルライトは簡単3つのステップですぐに完成!

ここからは電球ボトルライトの作り方を表でざっくりと解説していきます

  • STEP.1
    ワイヤーライトに電池を入れる
    ワイヤーライトにボタン電池を入れていきます

    説明書に従って電池の向きに注意しながら電池を入れたらネジでしっかり固定します

  • STEP.2
    電球ボトルにワイヤーライトを入れる
    ワイヤーライトを開封時と同じように丸めたまま先を細めて電球ボトルに入れていきます

    ワイヤーライトの栓は外れないようにしっかりとボトルの中に押し込みます

  • STEP.3
    細長いものを使ってワイヤーライトを広げていく
    ドライバーやくしの先などを使ってワイヤーライトを広げていきます

    ある程度ワイヤーが広がってスイッチを入れたときにきれいに点灯していれば完成です!

電球ボトルのキャップについて

電球ボトルにワイヤーライトを入れると、栓がキャップがわりになるので不要になります。

大事に保管しておくか、思い切って捨ててしまうかはご自身の判断にお任せします。

ライトとして楽しんだり写真を撮って楽しんだり、電球ボトルライトの使い方はあなた次第!

3分ほどあれば作れてしまう電球ボトルライトはインテリアとしても普通のライトとしても楽しむことができる優れもの。

カメラを持っている人は、ボケを生かして以下の写真のような玉ボケを撮って楽しむことだってできちゃいます。

電球ボトルライトで撮影した玉ボケの写真

私はワイヤーライトの点滅タイプを購入したので撮影がちょっと難しかったですが、コツさえ掴んでしまえばこっちのもの。

手に持ったり吊るしてみたり…一つあるだけでオシャレな空間にしてくれる電球ライトの使い道はたくさんあります。

ビー玉やビーズを入れたりといったアレンジもできるので、ぜひあなただけの使い方を見つけて楽しんでくださいね。

100均の道具だけでできる電球ボトルライトは誰でも作れるおしゃれアイテム

100均の道具だけでできる電球ボトルライトは誰でも作れるおしゃれアイテム

電球の中にライトを入れるなんて…数年前には考えもしなかったもアイディアが今ではオシャレになってしまうのだから、ブームってなんだか面白いですよね。

今回の電球ボトルライトは大人でも子どもでも楽しめるグッズなので、夏休みの自由研究や工作にもぴったりです。

遊び終わってもオシャレなインテリアとして部屋に飾ったり、野外イベントの明かりとしても楽しむことができます。

電球ボトルライトを作ったら、コメントやSNSで教えてくださるととっても嬉しいです。

あなたの力作、待ってます!

 

Have a happy camelife.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください