【決定版】PCやスマホアプリでカメラのシャッター回数を調べる3つの方法

【決定版】PCやスマホアプリでカメラのシャッター回数を調べる3つの方法

デジタルカメラにとって、シャッター回数はカメラの寿命。

カメラは基本的にエントリーモデル、中級モデル(ハイアマチュアモデル)、上級モデルの3つに分類されていることが多く、寿命はそれぞれ決まっています。

特にデジタルカメラはシャッターの耐久回数を超えると壊れてしまうので、シャッター回数を知ることはとても大事です。

シャッター回数の限度は、中級モデル程度で約10万回って言われているよ!

シャッター回数は別名『レリーズ数』や『ショット数』と呼ばれていて、カメラメーカーのサービスセンターにカメラを持っていけば調べてもらえます。

でもいちいちカメラをサービスセンターに持っていくのは面倒…という方もいらっしゃるはず。

今回のカメラオトメでは『自宅のPCやスマホアプリを使ってシャッター回数を調べる方法』をテーマにお話ししていきます。

どの方法も簡単でわかりやすいので、ぜひ自分に合った方法でシャッター回数を調べてみてくださいね。

『ショット数.com』でシャッター回数を調べる

『ショット数.com』でシャッター回数を調べる

最初にご紹介するのはショット数.comというサイトです。

このサイトは写真を送るだけで、総シャッター回数がわかってしまうという優れもの。

写真の形式はJPEGのみになっていますが、会員登録も費用もかからないのでとてもオススメです。

ウィンドウズでもMacでも使うことができるので、一番手っ取り早い調べ方です。

Macならサイトを通さずにシャッター回数を調べられる

次にご紹介する方法はMacのみに対応している方法で、サイトを介さずにシャッター回数を調べることができます。

調べ方は以下の手順でやっていけばOKです!
  • STEP.1
    カメラの写真をMacに取り込む
    シャッター回数を調べたいカメラで撮影した写真をMacに取り込みます
  • STEP.2
    ツールを選択して『インスペクタを表示』を選択する
    取り込んだ写真を『写真』から表示して、プレビュー画面を開きます

    そのあと画面上部にある『ツール』をクリックして、『インスペクタを表示』を開きます

  • STEP.3
    『Exif』からイメージ番号の数字を読み取る
    インスペクタを表示を開いたら、タブを『Exif』に切り替えて、イメージ番号の数字を確認します

    イメージ番号の数字がシャッター回数の数字です

スマホアプリからシャッター回数を調べる方法

iPhoneやアンドロイドにもともと入っている写真アプリでは、シャッター回数を調べることはできません。

そのためスマホアプリを介してシャッター回数を調べることになります。

使うアプリはこちら!
Exif Viewer デモ Fluntro提供 & 写真

Exif Viewer デモ Fluntro提供 & 写真

Fluntroposted withアプリーチ

このアプリではシャッター回数以外にも、その写真を撮影した色々な情報を得ることができます。

シャッター回数は『シャッターカウント』という表示で確認することができ、そのほかにもISO感度やシャッタースピードなども調べられるアプリになっています。

とても便利なアプリになっているので、ぜひインストールして定期的にチェックしてみてくださいね。

時々シャッター回数を調べて、カメラのメンテナンスをしっかりしよう

ここまでシャッター回数を調べる方法を3つご紹介してきました。

この方法を使えばわざわざカメラメーカーのサービスセンターに行く手間も省くことができるのでとてもオススメです。

カメラをずっと使い続けているとどれくらいシャッターを切っているのかわからなくなってしまうので、時々メンテナンスの意味を込めてシャッター回数をチェックしてみてくださいね。

レンズは資産、ボディは消耗品とよく言われますが、ボディが壊れてしまってはレンズもただのガラスでしかありません。

長く大事に使い続けるためにも、カメラの寿命を定期的に確認することをオススメします。

 

Have a happy camelife.

 

カメラに湿気とホコリ大敵!ドライボックスで安全に保管しようカメラに湿気とホコリは大敵!オススメドライボックス&防湿庫紹介 5分で簡単!ハーフフィルムカメラの張り革をカスタムしてみた5分で簡単!OLYMPUS PENの貼り革をカスタムしてみた airpants

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA