【デジタルカメラ編】カメラ女子ってどんなカメラがいいの?実際の機材を紹介します

こんにちは、おさやです。

前回はフィルムカメラ編ということで、私のカメラを中心にフィルムカメラについて語らせていただきました。

フィルムカメラの良さを知ってしまうと、なんとなくデジタルから遠ざかってしまうと言う人もいらっしゃいます笑

(一時期、私もそうでした)

 

と言うわけで今回はデジタルカメラ編をお届けしようと思っているのですが、こちらはどちらかと言うと私の好みと言うよりも用途によって変わってくるというのがメインのテーマになっています。

フィルムカメラのほうはどちらかと言うとデザインや写り重視で、用途と言うよりは撮りたい写真をメインに選んでいます。

 

ただ、デジタルカメラはこういうご時世なので、YouTubeに使う人だったりInstagramに写真を載せたりと、仕事で使う方も多いと思うんです。

特に最近は動画が注目されている世の中なのでどうしても動画機能を重要視していると言う方も多いです。

 

それは決して悪いことではなく、用途によって得を変えていくのはとても大切なことだと思います。

と言うわけでデジタルカメラ編では、用途を重点に置きながらお話をしていきますね!

 

今回もどうぞよろしくお願いいたします。

フルサイズ一眼レフの5Dmark4は私の信頼できる相棒のような存在です

私が購入したのは『TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD』

と言うわけでまず1番初めに紹介するのは、デジタル一眼レフのCanon EOS 5D mark4というカメラ。

プロの方も使用している、本物のカメラです。

 

5Dは使っている人も多いので、知っている人は知っているかもしれませんが、正直めっちゃ高いカメラです。

私みたいに趣味でカメラをやっている人と言うよりは、本気でカメラマンになりたかったり、プロとして働いている人が使っているカメラと言う印象です。

 

【完全版】ディズニーで使う望遠レンズのオススメについて真剣に考えてみた

フルサイズ一眼レフなので描写力も凄いですし、何よりも私自身安心して写真が撮れています。

私は中古でこのカメラを買ったのですが、それでもかなりのお金がかかってしまって、買うときはとても勇気が入りました。

ただレンズがバリエーションが多くていろんなものを使うことができるので、楽しめるのはフルサイズ一眼レフの良いところだと思っています。

 

確かに価格は高いけれどそれなりに力を出してくれるカメラです。

重たいし大きいので、使う人を選ぶカメラだと思いますが、私みたいに写真にこだわってたりCanon独自の色味が好きな人にはオススメできるんじゃないかなと思います。

 

私はこのカメラを買って人生が変わったと思います。

コンパクトで写真も動画も撮れる!SONY RX100mark7は新人なのにしっかり者です

次に紹介するのは、このブログでも数回にわたってご紹介している、SONYのRX100というコンパクトデジタルカメラです。

普通デジタルカメラってコンパクトで安いものが多いんですが、こちらのジャンルは高級コンデジと言われていて価格もそれなりに高いです。

でもそれを上回る描写力と、コンパクトさには目を見張るものがあると思っています。

 

私のカメラはRX100という機種の7代目に当たるもので、特に動画機能が強いカメラになっています。

最近私の周りでもYouTubeを始める人がどんどん増えていて、私も近々始めようと思っているんです。 

 

動画自体はフルサイズ一眼レフでも撮影することができるのですが、使いやすさや今後のことを考えてこのカメラを購入しました。

個人的にもこのコンパクトさがとても気に入っていて、どこにでも持ち歩けるのが魅力です。

 

 

写真を実際に撮ってみるとこんな感じで色がはっきりしています。

もともとソニーのミラーレスカメラを使っていたので色味についてはわかっていましたが、キャノンとは全く違うので懐かしい気持ちにもなりました笑

 

本当は動画もあげてアップしたいのですが、まだまだ勇気がないというかコンセプトも決まっていないので保留にさせてください。

写真機としてもとても使えるカメラですし、持ち歩きの店ですごくメリットがあるのでサブカメラとしても使い勝手がいいです。

 

今までコンデジは一度しか使ったことがなかったのですが、このカメラも使い込んで自分の世界観を作る道具として活用できたらいいなと思っています。

これからどんな写真が取れるのかとても楽しみの半分、どうなるかわからない不安もあります。

 

カメラを買った時ってこのドキドキ感というかカメラとの距離感を掴むのにちょっと時間がかかるんです。

そこも1つの味として楽しめると良いのかなと思っています。

用途に合わせてカメラを変えると、新しい世界が見えてきます

デジタルカメラはメーカーによって特徴が大きく違って、写りがどうこうと言うよりは自分がそのカメラを使って何をしたいのかと言うところがとても重要になってきます。

フィルムカメラ時代はどういう写りでカメラを選ぶかと言うところを重要視してきたところがあるのですが、最近だとメーカーで選ぶと言うよりも用途で選ぶことが増えてきている印象があります。

 

私自身も写真がどう写るかと言うよりも、レンズのバリエーションであったり動画機能であったりと、機能を重視してデジタルカメラをチェックしています。

そういう点が今までのカメラとは違うポイントなのかなと思っています。

 

ぜひこういうところも考えながらカメラ選びをしてみるのがオススメです。

 

それではまたお会いしましょう。

 

Have a happy camelife!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA