3分スマホレッスン〜スマホできれいな写真を撮るための3tips〜

スマホできれいな写真を撮るための3tips

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

今回はスマホで誰でもきれいな写真を撮ることができる、3つの秘訣をお伝えしていきます。

さくっと読めるように3分で読める記事になっているので、これを読んで是非実行に移してみてください。

沙矢佳

この場合のきれいな写真は『画質のいい写真』です!

魅力的なアングルや加工の仕方についてはまた別記事でご紹介していきますので、どうぞご了承ください。

沙矢佳

それでは早速いきましょう!

【秘訣その1】ズームしない

smartphone-3tips

スマホカメラはズームがとっても苦手です。

それもそのはずスマホカメラのズームは「トリミング機能」です。

写真を撮る対象のもの(人)にレンズが近づいているわけではなく、画像を拡大して大きく見せているズームになっています。

沙矢佳

要するに、画像の引き伸ばしをしてるだけ!

スマホカメラで遠くのものを撮影したいときはスマホカメラ用の望遠レンズというものを使ったり、なるべく中距離で撮れるものを撮影するときれいに撮影することができます。

沙矢佳

自分の足を動かして写真を撮ることもとっても大事です!

最近ではスマホレンズもいろんな種類が出てきているので、表現の幅を増やすために複数のレンズを持っていてもいいと思います。

【秘訣その2】暗い場所で撮影しない

smartphone-3tips

スマホのカメラは暗いところが苦手です。

スマホカメラはカメラの中に搭載されているイメージセンサーで光と色を判別しています。

ですがスマホのイメージセンサーはとても小さいので、夜景を撮ろうとしてもなかなか光を判別することができません。

光をつかんでもなんだか画像が荒っぽくみえることも多いので夜景だけは他のカメラを使ったり、撮影するところだけ光を当ててあげたりするとセンサーがうまく反応してくれます。

どうしてもその場にスマートフォンしかないという場合には夜景専用のアプリも出ているのでそういったものを使うことで応急処置をしてあげるとなんとかなるかもしれません…。

沙矢佳

夜景をうまく撮ることができるスマホアプリは後日ご紹介します!

【秘訣その3】写真を撮るときは自分から動く

smartphone-app

これはどのカメラをでも言えることなのですが、ズーム機能を使うと大抵の写真は撮れます。

沙矢佳

でも同じ姿勢で撮り続けた写真はどれを見ても似たり寄ったりになっていませんか?

そんなマンネリを解消するためにも、自分からどんどん動いてください!

しゃがんだり、右に回ってみたり、ときには自分の目線よりも上にレンズを持ってきたり…。そうやって様々な角度から撮影してみると、また違った世界が見えてくるはずです。

沙矢佳

全て同じ構図の写真は見ている人も面白くないです!

ズーム機能を使わないで撮影すると、画質の劣化も防ぐことができるのでぜひトライしてみてください!

まとめ

  1. ズームしない
  2. 暗い場所で撮影しない
  3. 写真を撮るときは自分から動く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA