結局カメラの予算っていくら必要なの?カメラに○万円以上使っている私が考えてみる

結局カメラの予算っていくら必要なの?カメラに○万円以上使っている私が考えてみる

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

このタイトルをタップしたあなたはきっと少しでもカメラに興味を持っていることでしょう。

もしかしたらカメラユーザーの方の方が多いのかもしれません。

さて、今回のタイトルはその名の通り『カメラの予算』の話です。

みなさん、カメラやレンズにいくら使ってきました?

私は50万以上使っています!

いや多分それ以上使ってるな…。

カメラ歴4年の私が断言しますが、

 

カメラは金食い虫やで。

 

効率重視の方はもしかしたら、安いカメラと安いレンズでも十分楽しめると思うかもしれません。

実際に5万のカメラで満足している方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもあなたが思っている以上に、カメラは金額が性能に直結します。

 

さて思った以上に前置きが長くなってしまったので、これくらいで終わりにしておきましょう。

初めて一眼レフ(またはミラーレス)カメラを買うならトータルで予算8万円はあった方がいい

もう冒頭で結論は出してしまっているのですが、もし今カメラを持っていなくて購入予定という人は予算は約8万円ほど持っておくのをオススメします。

内訳はだいたいこんな感じです。

  • カメラエントリーモデル(キットレンズ込み60000円)
  • SDカード(5000円)
  • レンズフィルター(1000円)
  • カメラバッグ・ケース(4000円)
  • クリーニングセット(2000円)
  • ドライボックス(2000円)

低めに見積もってもアクセサリー代を合わせると、74000円

家電量販店などで購入するとポイントでアクセサリーは買えますが、それでも消費税がかかってくるのでこれくらいはかかるでしょう。

カメラ店員時代は中古で3万円の予算で写真が撮りたいと言われたこともありましたけれど、3世代型落ちくらいしかないのが現状ですね。(生産終了しているマウントだったらもっと安く買える)

この時点で高いなって思う人は、コンデジかスマホカメラを使う方がいいです。

 

そして大体みなさんカメラを買ったあとは小旅行や遊園地に出かけます。

はい、10万円突破です笑

正直エントリーモデルを買うなら中級機を買ったほうがコスパは良くなることが多い

正直エントリーモデルを買うなら中級機を買ったほうがコスパは良くなることが多い

私が今使っているカメラはSONYα7Ⅱというフルサイズミラーレスです。

買った当時はレンズ込みで、26万円くらいしました。

先ほど言っていた初心者のカメラ予算の4倍の価格ですが、これはまだまだ中級機。

フラッグシップモデルになれば、ボディだけで30万円する世界です。

 

おかしいと思いませんか?

5万円から新品で買えるのに、わざわざ10万以上出してまでカメラを買うユーザーがいるんです。

 

答えは簡単です。

使いやすいから

 

初心者向けのカメラは当たり前ですがビギナー用に作られているので、思い通りの写真を撮るというよりは『カメラ側の設定に向けて作っているカメラ』がほとんどです。

言うなればめちゃくちゃ優秀なカーナビみたいなものです。

マニュアル以外のほとんどの機能に対してカメラに依存することになるので、何も考えずに(カメラにとってきれいな)写真を沢山撮ることができるんですね。

ただ、

カメラにとって都合がいい写真=自分が好きな写真

ではないですよね。

 

そこで出てくるのが、マニュアルに特化したダイヤルとボタンが多めで頑丈な中級機なんです。

マニュアル撮影をしている人が一度中級機を使ってしまうと、使いやすすぎて入門機になかなか戻れません。

自分で思い通りに色や光をコントロールできるので、写真の表現の仕方が多彩になります。

 

じゃあなんで使いにくい初級機が存在するんでしょう。

勘がいい人はもうわかったかもしれません。

 

そう、中級機を売るためですね笑

(いやーよくできてるよね、このシステム)

なので最初から中級機を買っておく方がだいたい長持ちします。

もちろん全員に当てはまる話ではありませんが、メーカーの戦略も知っておくのは大事です。

レンズは資産かもしれないけれど安いレンズをかき集めても所詮ゴミです

あとカメラを始めるとよく聞くようになる、『レンズは資産』という言葉。

これはある意味嘘でもあると思っていて、安易に鵜呑みにしない方がいいです。

初級機から中級機に買い替えた人は、初級機の買い取り価格の安さにびっくりする方もいらっしゃるかもしれません。

それと同じで、キットレンズやシンデレラレンズと呼ばれる餌撒きレンズはほとんどお金にならないです。(店員経験談)

そういうレンズってもともと流通量が多いので、価値が0に近いです

価値が落ちないのは、CanonのLレンズやSONYのGMレンズみたいなもともと高いレンズです。

あと最近流行っているオールドレンズも、劣化がすごいものはほとんどジャンク扱いです。

そしてオールドレンズ系は元々が年季が入ってしまっているものが多いので、オーバーホールも必須になってきます。

きちんと保管しなければどんどん劣化が進んでしまうため、もはや負債になってしまうことも。

 

どの世界でも同じですが、安物買いの銭失いにならないように気をつけましょう。

買うならなるべく高いレンズを買ったほうが、価値は落ちません。

「〜だから買えない」は一生買えない悪魔の呪文

ここからはちょっと本題から離れて私の話をしてみます。

私はこのカメラ業界に足を突っ込む前からゲームオタクで、同じゲームを店舗特典目当てで買うような学生時代を送ってきました。

だからある意味自分の中で、『趣味はお金をかけるもの』っていう定義があります。

ただカメラの世界は一つの単価が高いので、気がついたら10万円単位でお金が消えていきます。

当時新卒でいい企業に入ったのにも関わらずカメラを一旦やめていた時期があったのですが、正直な話お金がなくなるのが怖くなったという理由からでした。

 

そして気がついたら、

「このカメラいいな〜でもお金が…」

「このレンズを買えばもっといろんな写真が撮れる…でも今金欠だし…」

そんなことを思うのが口癖になっていました。

 

こんなことをいうと笑ってしまうかもしれませんが、「〜だから買えない」の呪文が本当に現実になった瞬間だったのだと思います。

 

今は買えないかもしれない、

でももしかしたらいつか買えるかもしれない、

買ってもいないのに「私は買えないんだ」って呟くのはやめてみませんか?

高いカメラは買うときは勇気がいるけれど、長く自分を支えてくれるパートナーになる

高いカメラは買うときは勇気がいるけれど、長く自分を支えてくれるパートナーになる

私が今欲しいカメラはパナソニックのGH5という動画に特化したフラッグシップカメラ。

フラッグシップなので、もちろん価格は高いですがyoutubeをしたい私にぴったりのカメラです。

もちろんグレードを下げることもできます、コンデジでもそれなりに撮れるのもわかっています。

でもやっぱり最高の機材を持っていて困ることってないんですよね。

特にカメラは高性能のものを持っていれば、自分がミスしてもカバーできる範囲が大きいのも魅力。

芸は自分を助けると言いますが、道具も自分を支えてくれる大事な体の一部なようなもの。

 

 

…何が言いたいのかって?

しっかり100万円はカメラ貯金しようねって話でした!

 

Have a happy camelife!

 

100万円貯まるバンク ゴールド
created by Rinker

2 COMMENTS

カメラのキタムラ

カメラは確かにお金かかりますが、
車の改造に比べたら安いですよ。

返信する
沙矢佳

>カメラのキタムラさん

総じて趣味はお金のかかるものだと思っています…むしろかけるのが醍醐味みたいなところがあるなーって。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA