写真の構図はどう決める?カメラ初心者は5つの基礎を身につけて撮影スキルを上げよう

写真の構図はどう決める?カメラ初心者は5つの基礎を身につけて撮影スキルを上げよう

カメラを手に入れて、シャッターボタンを押せば簡単にきれいな写真が撮れる!と思っていた人も少なくないはず。

私も写真を撮ってるうちは楽しくて気づかないけれど、家に帰って写真を見返してみると思ったような写真が撮れていないことがたくさんあります。

上手く撮れない原因がどうしても知りたくて、いろんなカメラ雑誌やテクニック本を見ているうちに気がついたことがありました。

それが『構図』の問題だったのです。

実際構図を意識するようになってから被写体(写真を撮る対象)に対してどうアプローチしていくか考えて撮影するようになったし、頭の中で描いていたイメージと実際の写真との差がどんどんなくなってきたのを実感しています。

今回は私の経験をもとに、カメラ初心者でも意識しやすい5つの構図をご紹介していきます。

写真を撮るときに知っておきたい構図の大切さ

写真を撮るときに知っておきたい構図の重要性についてお話しします

ところで写真の構図って何だろう?

と思った方のために、まず構図の重要性についてお話ししていきます。

写真の構図は被写体の配置を組み合わせた構成を指す言葉で、舞台のスポットライトと同じ役目を果たすものだと考えると簡単です。

舞台では各役者の立ち位置やシーンによってスポットライトの位置や角度を変えることで、それぞれの個性や特徴を引き出していきます。

そのスポットライトがずれてしまうと主役と脇役がわからなくなってしまうし、全体的な舞台の印象にも大きな影響を及ぼしかねません。

かといってスポットライトをいつも同じ角度から当てていても面白みがなくなってしまい、見ている観客からもつまらないと思われてしまいますよね。

これを写真で当てはめていくと、被写体(写真を撮る対象)をより魅力的に撮るための配置を考えながら写真を撮ることがとってもとっても大切だということがわかります。

今回ご紹介する構図はどれも基本中の基本ですが身につければすぐに即戦力になってくれること間違いなし!

それでは本編をお楽しみください╰(*´︶`*)╯

カメラ初心者が覚えるべき5つの構図

カメラ初心者が覚えるべき5つの構図

3分割法

3分割法

カメラの構図の中で一番オーソドックスでみなさんに覚えて帰っていってほしいのは3分割法です。

3分割法は写真を縦に2つ横に2つ割ったもので、被写体が複数あってもバランスが取りやすい構図です。

被写体が一つの場合はそれぞれの線の交点に被写体を置くとバランスが取りやすく、複数の被写体の場合は分割された「面」に当てはめていくときれいな写真に仕上げることができます。

沙矢佳

実際に3分割法で撮った写真はこうなるよ!

3分割法を実際にやって見た

この写真では右の交点部分に木を配置して、一番下の横一列が地面になっていることで安定感を持たしてみました。

左上から縦に2つ横に2つの計4つの面を使って空のスペースを作ることでゆったりした写真にすることができました。

このように3分割法は被写体を左右どちらかに配置することでバランスをとっていくので、カメラ初心者でもトライしやすい構図にになっています。

沙矢佳

カメラを被写体に対して水平に垂直になるように撮るのがポイントだよ!

2分割法

2分割法

2分割法は写真を縦や横に2つに割ってピントが合っている部分とぼかしている部分を2分割にする構図です。

上の画像のように写真を半分に縦に割ったり、横に割ったりすることで3分割法より安定させながらもダイナミックな印象を残すことができます。

沙矢佳

実際に2分割法で撮った写真はこんな感じ!

2分割法で撮った写真

縦のラインを基準にしてレンガのはっきりした部分と、それ以外のボケている部分で対照的な印象を出してみました。

ぼけとシャープさの対象に加えてこの写真では、レンガのはっきりした色とそれ以外の景色のふんわりした色が対になっているので、より写真の対比が分かりやすくなりました。

2分割法で横に割ってみた

今度は写真を横に半分にしてみました。

この写真では空と堤防で2分割されていて、3分割法で撮った写真よりもより安定した写真になっています。

また地面の暖色と空の寒色を対象的に配置することで、写真全体を引き締めることができました。

2分割法は3分割法よりも使う機会が少ないものの、安定感と対比を表すにはぴったりの構図です。

沙矢佳

まっすぐだけじゃなくて、斜めに分割するとさらにダイナミックな写真が撮れるよ!

対角線

対角線

3分割法や2分割法は安定した写真を撮ることができるものの、リズム感や躍動感を出すのは難しい構図です。

次にご紹介するのはリズム感を出すのにぴったりな対角線構図と呼ばれる構図です。

対角線はその名の通り斜めに被写体を配置する構図ですが、カメラ本体を斜めにして撮ると簡単に撮ることができます。

沙矢佳

実際に対角線で撮った写真をご紹介します!

  

この写真は時計と空がメインになっている写真で、画面から向かって右から左へ対角線を引いています。

斜めに時計を配置して、青空と雲と対比させることでバランスのとれた写真になっています。

ですが印象付けているのはこの対比だけではありません。

時計の写っている向きにも注目してみてください。

時計が対角線の方向に向いていることで、目線が自然と空にも行くようになっているんです。

時計が正面を向いていると空の部分が大きな余白になってしまいますが、時計の向く方向も意識したことで余白部分が脇役となってさらに写真のバランスを整える役割に変わりました。

対角線構図では被写体の目線に合わせて写真を撮るとより魅力的な写真に変わります。

沙矢佳

対角線構図は写真をリズミカルに見せてくれる構図!慣れると対角線を自然に意識できるようになるよ

日の丸

日の丸構図

カメラを持つと一番最初にやってしまいがちな日の丸構図ですが、撮ってみるとなんかおかしい…ということも多い難易度の高い構図だったりします。

日の丸構図が難しいと言われているのは、中心に被写体を置くバランスが大きく影響してくるからです。

日の丸構図は上下左右に均等で充分な余白を取らないと、中心の被写体を際立たせることができません。

カメラ初心者はこの余白を考えずに真ん中に被写体を持ってきてしまうので、バランスを崩してメインがはっきりしない構図になりがちになります。

沙矢佳

実際に私が撮影した日の丸構図はこれ!

私が撮影した日の丸構図の写真

私が撮影した日の丸構図は、緑の中にバラが一輪咲いている写真です。

上下左右に十分な余白をとって緑を強調させたことで、真ん中のバラのピンクとの対比が際立っています。

日の丸構図を撮るときに必要なのは、十分かつ均等な余白です。

カメラを持ったときは操作と重さに慣れなくて、被写体をまっすぐ中心に持ってくるのはなかなか難しいもの。

ですが日の丸構図がしっかり決まると素敵な写真を撮ることができます。

沙矢佳

何枚も写真を撮って納得する1枚が撮れるまで粘るのが成長の近道です!

消失点

消失点

一眼レフやミラーレスを買うとどうしても撮りたくなるのが奥行きのある写真。

カメラで撮るときれいにボケるのもあって、撮らずにはいられない構図ですが、それも意識して撮るようにすると見違えるように写真が変わります。

消失点構図を上手に撮るコツは、点に向かって2本の線を意識すること。

沙矢佳

実際の写真を見ながら解説していくよ!

消失点構図

私が撮った写真の消失点は、神社の鳥居です。

鳥居に向かって2本の線が交差して、矢印の方向に向かっているのがわかります。

消失点に対して手前に石段を配置することで視線が手前に集中し、さらに奥行きを感じることができる写真になっています。

消失点は基本的にどこでも作ることができますが、初心者のうちは右上や左上に点を置くと配置を考えるのが楽になります。

写真の中心に消失点を置く場合は日の丸構図と同様に、上下左右のバランスを意識してとると安定感がある構図にすることができます。

沙矢佳

消失点構図は立ちながら撮ると難しいので、少ししゃがんだりレンズを下から上に向けて撮るようにするのがポイント!

写真の構図の上達方法

写真の構図の上達方法

カメラの背面モニターを使って写真を撮る

一眼レフや一部の電子ファインダーがついているミラーレスカメラで撮っている人は、ファインダーから写真を撮っている人も多いと思います。

ですが構図を勉強したいときは大きな背面モニターから写真を撮るのがオススメです。

背面モニターを使うとバッテリーが減りやすいというデメリットはあるものの、構図を意識しやすくなります。

モニターから写真撮るときにグリッド線と呼ばれる線の引かれたモードで撮るようにすると、水平や垂直な写真が撮りやすくなるので構図を練習するときに使ってみてください。

グリッド線について

カメラでグリッド線を表示させる方法についてはカメラメーカーや機種によっても変わるので、お手持ちの取扱説明書を参考にして設定してください。 

いろんな角度で被写体を写してみる

どの構図がいいかは被写体によっても変わりますし、撮ってみなきゃわからないということもたくさんあります。

カメラを始めたてのころは「上手い写真を撮ろう」と意気込んでしまいがちですが、「上手い写真」は撮ってみなきゃわからないもの。

「どの構図(角度)で撮れば被写体が魅力的に撮影できるんだろう」と思いながら撮ると、気負いせず写真が撮れるようになります。

いろんな角度を試しつつ、構図を意識しながらたくさんシャッターを切ってください。

もちろんカメラを動かすだけじゃなくて、自分も体を動かさなきゃダメですよ笑

上手い写真を見て構図について勉強する

構図を勉強するときに一番手っ取り早いのは「上手い人の写真をとにかく見ること」、これに尽きます。

Instagramや写真集、ファッション雑誌を見てどんな構図で撮っているかを観察してみてください。

写真が上手な人は、写し方が上手いだけではなく構図も安定しているものが多いです。

自分の写真も投稿しつ空いた時間に他の人の投稿も構図を意識して見ていくと、構図上手い下手がわかってくるはず。

お手本にしたい人を見つけて構図を真似してみるのも勉強になります。

構図を意識して撮ると写真が変わって意識も変わります

構図を意識して撮ると写真が変わって意識も変わります

これまで5つの構図についてお話ししてきましたが、ここでおさらいしてみます。

構図のおさらい
  • 3分割法
  • 2分割法
  • 対角線
  • 日の丸
  • 消失点

構図の名前を言われてイメージすることができたら合格です!

あとは写真をたくさん撮って、腕を上げていきましょう。

今回ご紹介した構図はオーソドックスなものですが、組み合わせてより複雑な構造にすることも可能です。

いろんな構図を試して、被写体をもっともっと輝かせてください。

もちろんあなたが好きだと思う写真が最高の写真です

それだけは忘れないでくださいね( ^ω^ )♪

カメラオトメはあなたのカメラライフを応援しています。

それではまたお会いしましょう。

P.S.構図に慣れてきたなーと思ったらカメラのモードやホワイトバランスも変えてみよう

構図が上手くなってきたなーと思ったら、こちらの記事を読んでカメラ初心者のタグを外してしまいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください