【レビュー】FE 50mm f2.8 macro を一年間使った使用感や作例を徹底解説

【レビュー】FE 50mm f2.8 macro を一年間使った使用感や作例を徹底解説

こんにちは、沙矢佳@a_n_koll)です。

昨年SONYのマクロレンズを購入したのですが、もうこれが本当にいいレンズでして…。

フルサイズカメラのレンズって高いものが多くて、私も色々と大変な思いをしたのですが、本当に購入してよかった1本でした。

買ってから気がついたら1年経ってしまったのですが、このレンズでたくさんの写真を撮ったのでそちらも紹介しながら魅力をご紹介していきます。

もしこのレンズが気になっているという方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてくださいね。

SONYの神レンズ7記事も一緒に見てみてね!
【保存版】Eマウントの神レンズ7!これを持ってれば間違いなし【保存版】Eマウントの神レンズ7!これを持ってれば間違いなし

5万円以下で購入できるマクロレンズ、手軽さと軽さが嬉しい

5万円以下で購入できるマクロレンズ、手軽さと軽さが嬉しい

さて改めて購入したレンズをご紹介していきます。

今回はSONYの『FE 50mm F2.8 Macro』を購入しました。

商品情報はこちら

ソニー FE 50mm F2.8 Macro
created by Rinker

このレンズはSONYのフルサイズミラーレスカメラα7シリーズのマクロレンズ。

50mmの画角なので、とてもコンパクトで単焦点レンズとしても使えるのが嬉しいところでした。

 

本当はマクロレンズは望遠の方がいいのはわかっていたのですが、この価格と使いやすさに思わずポチってしまったのです。

マクロレンズでf2.8なのでその明るさはお手のもの。

被写界深度が浅くなってしまうので、最初はなかなか慣れなかったのですがすぐに自分のものにできたのが嬉しいです。

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

5万円以下で購入できるマクロレンズ、手軽さと軽さが嬉しい

 

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

 

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

 

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

 

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

FE50mmf2.8macroを一年間使ってみてよかったこと

FE50mmf2.8macroを使ってみてよかったことは、本当に軽くて持ち歩きがしやすいところ。

他の人のブログでも言われていますが、FE50mmf2.8macroはスナップ写真が本当に得意なんですよね。

マクロレンズとしても、単焦点レンズとしても使いやすいので、撮れる写真の幅が本当に広がりました。

 

私はいままでキットレンズのズームレンズしか持っていなかったので、近接写真が撮影できるようになったことが新鮮で、今でもこのレンズをスタメンとして使っています。

SONYにはシンデレラレンズもありますが、私のオススメは断然こっち!

特にカフェ写真やお花の写真を撮るカメラ女子にオススメのレンズです

FE50mmf2.8macroを一年間使ってみて残念だと思う点

ここまで褒め倒してきたFE50mmf2.8macroですが、もちろんデメリットもありました。

それは、AFが遅すぎるということです。

いちいちフォーカスをするときにゆっくりとレンズが動いて、なかなかピントが合いません。

私が旧型のボディを使っているというのもありますが、撮影するのに結構時間がかかるため素早く撮影したいという人にはあまり向いていないと思います。

マクロレンズなので、そこまで速さが重視される撮影はないとは思いますが、そんなストレスも少しあるんだということも伝われば幸いです。

ほんとね、AF遅いのだけが困りものなんですわ…。

価格を考えたら仕方のないことなのかもね

フルサイズカメラで単焦点レンズを買うならマクロレンズから!50mmから始めてみよう

FE50mmf2.8macroの作例を5枚ご紹介していきます

フルサイズミラーレスのレンズって本当に高くて困りものなんですが、こちらのマクロレンズはリーズナブルなのにしっかり描写してくれるので1年で私の撮影に欠かせないスタメンになりました。

フォーカスは遅いけどとても使いやすくて撮影していて楽しいレンズなので、ぜひ初心者の人にこそ使って欲しいレンズです。

是非みなさんもFE50mmf2.8macroを使ってみてくださいね!

 

商品情報はこちら

ソニー FE 50mm F2.8 Macro
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA