ラインカメラでゆるふわ写真を作る3つの法則

ラインカメラでゆるふわな写真を作る3つの法則

ABOUTこの記事をかいた人

カメラ女子ブロガー。 sonyα7ⅱをメインカメラ、iPhoneをサブカメラに活動している24歳。 カメラを持っている女の子が幸せになるお手伝いをしています。




こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

最近女の子に人気の「ゆるくて」、「ふわふわ」な写真、

略して『ゆるふわ』な写真がInstagramで人気なのをご存知でしょうか?

わたしはゆるふわという言葉を知る前は、写真を撮ってある程度だけ加工してアップしていました。

いうなればベースメイクだけしてアップしていたようなものです。

沙矢佳
でもそれってなんだかかわいくないし、統一感がない…

と思ったら最後、気がついたらInstagramのギャラリーはひどいことになっていました。

でもゆるふわという言葉を知ってからは、Instagramにゆるふわな写真をあげるように!

沙矢佳
やっぱり可愛い写真ってテンションが上がる!

そしてゆるふわについて勉強していくうちに3つの法則があるということに気がついたのです!

その法則はこちらです。

  1. 白くぼかす
  2. ピンクのフィルターをかける
  3. パステルカラーを使う

なんとこの3つの法則を使えば誰でも『ゆるふわ』な写真が撮れてしまいます。

今回はカメラ女子にも大人気のスマホ加工アプリ、ラインカメラを使ってご説明していきます。

とっても使いやすいアプリなので、どうぞ使ってみてください!

沙矢佳
アプリをダウンロードしたら早速いきましょう🎶
ラインカメラのフィルターについて

ラインカメラに使われているフィルターの詳しい解説については、【ラインカメラフィルターマニュアル】をご覧ください
 

今回使う写真はこの3枚です

ゆるふわ写真を作る上で必要な3つの法則を説明するために今回3枚の写真を用意しました。

沙矢佳
特に構図は気にしてないよ!
ゆるふわにする前の写真

 

ゆるふわにする前の写真

 

ゆるふわにする前の写真
沙矢佳
なんてことない普通の写真…?

そう、なんてことない普通の写真です。

そのままの写真もいいけれど、あえてこの3枚でどこまでゆるふわになるのか試していきます。

【法則1】白くぼかす

白くぼかす

早速法則1を適用させて、『グッドバイ』というフィルターを80%かけてみました。

白くぼかしたことで、トンボがさらに優しく全体的にふんわりした写真になったのではないでしょうか。

インスタを使いこなしている女の子たちは、そのままの写真をアップするのではなくある程度色を落としています。

それは白くぼかすことでふわふわな印象を持たせることができるから!

沙矢佳
一緒にぼかし機能を使うとさらに優しい印象になってGOOD!

フィルターを選ぶときは、白くするだけでなく色も明るくなるものを使うと優しい印象になります。

沙矢佳のおすすめフィルター
  • ファイン
  • グッドバイ(今回使用)
  • ピュア
  • テンダー

【法則2】ピンクのフィルターをかける

ピンクのフィルターをかける

カメラ女子の定番といっても過言じゃないピンクフィルター。

青のアジサイにピンクのフィルターをかけたらどうなるんだろうという不安もありましたがそれを見事に払拭してくれました。

ピンクのフィルターは先ほどの白くぼかす方法よりもより女の子らしい、乙女チックな雰囲気を演出してくれます。

フィルターを選ぶときは、なるべく明るくなってピンクが主張しすぎないものを選ぶのがポイント!

写真によってはなかなかピンクの色が出てこないときもあります。

そのときは一度保存して2回フィルターをかけてあげるとさらにピンク度が上がります。

沙矢佳のおすすめフィルター
  • ベリーピンク(今回使用)
  • ストロベリー
  • ブロッサム

ラインカメラの中にはピンクのフィルターがたくさんありますが、ベリーピンクストロベリーが使いやすいので、初心者の方はこの2つから使っていくのがおすすめです。

パステルカラーを使う

パステルカラーを使う

元々の写真にパステルカラーがなくても全然大丈夫です。

沙矢佳
色は自分で作るもの!

元の写真が淡い雰囲気だったので色がなかなか出ていないのですが、パステルカラーが出るフィルターを使うとこんな感じになります。

色を意図的に足したことで新たなかわいさがうまれました。

元の色の雰囲気よりワントーン色をつけたいというときは調節ボタンから『彩度』(色の鮮やかさを調節する)の設定を上げてあげると色がさらに出ます。

沙矢佳のおすすめフィルター
  • ドリーム(今回使用)
  • レインボー

この2つのフィルターは切り替えボタンを押すと色のパターンを変えることができるので、使いこなしていろんな雰囲気を作ってみてください。

加工前とか交互を比較してみるとこんな感じになります

ゆるふわにする前の写真加工前
白くぼかす加工後
沙矢佳
ふわふわしてるー!

トンボがマイルドになって、全体的にほわっとした写真に仕上げることができました。

白いお花も白を強調してあげたことでさらに色が鮮やかになっています。

ゆるふわにする前の写真加工前
ピンクのフィルターをかける加工後
沙矢佳
ピンク色がいい差し色になってる!

全体的にピンクが追加されたことでアジサイがはっきりして、背景もぼやけてまさにゆるふわな写真になりました。

個人的にこの1枚は大成功です。

ゆるふわにする前の写真加工前
パステルカラーを使う加工後
沙矢佳
オレンジ色がきれい…!

はっきりしていた青空やはっぱをトーンアップしてパステルカラーで彩ることで特徴的な写真になりました。

夕焼けのような、朝焼けのような中間の色味をだすことでメルヘンな印象になってます。

最後に

ただの写真が一瞬でゆるふわに変わってしまう3つの法則はいかがでしたか?

おさらいすると、

  • 白くぼかす
  • ピンクのフィルターをかける
  • パステルカラーを使う
沙矢佳
この3つの法則はいろんな写真で使えるよ!

もちろん他の加工アプリでも代用可能です!

この3つの法則に共通しているポイントがあります。

それは

❤️明るくぼかす❤️

ということ!

このポイントをしっかり守って3つの法則にあてはめれば100%ゆるふわな写真になること間違いなし!

この記事を読み返してあなただけのゆるふわ写真を作ってくださいね。

ラインカメラのダウンロードはこちらから













ラインカメラでゆるふわな写真を作る3つの法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA