初心者がSONYα7Ⅱを半年使ってわかったこと

初心者がsonyα7ⅱを半年使ってわかったこと

ABOUTこの記事をかいた人

カメラ女子ブロガー。 sonyα7ⅱをメインカメラ、iPhoneをサブカメラに活動している24歳。 カメラを持っている女の子が幸せになるお手伝いをしています。

スポンサーリンク



こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

2017年4月にソニーのミラーレス一眼レフ、【SONYα7Ⅱ】を購入してから半年が経ちました。

カメラを半年使い続けてみると買ったときには気がつかなかった機能もそれなりに使いこなせるようになってきました。

特にカメラは相性がとっても大事です。

Sony α7ⅱに切り替えた当時私はカメラ歴1年半のペーペーだったので、中級機にグレードアップするのはとても緊張しましたが、買い替えて後悔はしていません。

今回の記事ではSONYα7Ⅱを半年使ってみて、わかったことをカメラ初心者の目でレポートしていきます。

機能面、画質面、その他気がついたことの順にお話ししていきますので、気になったところから見てくださると嬉しいです。

沙矢佳
それでは早速いきましょう!
こちらの記事もチェック!

私がSONYα7Ⅱに買い替えた理由は『私がSONYα7Ⅱを選んだ理由』を読んでみてください🎶

SONYα7Ⅱってどんなカメラ?

 

SONYα7Ⅱは2014年12月発売されたミラーレス一眼レフカメラで、SONYα7の後継機の機種です。

SONYα7の軽さやコンパクトさはそのままに強い手ぶれ補正がついた世界初のカメラになっています。

沙矢佳
私は三脚を使わないで撮影することが多いので、手ぶれ補正にいつも助けられてます!

イメージセンサーも普通の一眼レフの上位機種より大きなサイズを採用しているのにもかかわらず、一眼レフの入門モデルくらいのサイズしかないので持ち歩きも楽々です。

別売りのマウントコンバーターを使えばAPS-Cのレンズも使えるので、レンズの種類にも困ることがありません。(もちろん画質は下がりますが)

沙矢佳
とっても便利なのでもうこのカメラから離れることができない!

と断言しちゃうくらいこのカメラに惚れ込んでしまいました。

私はボディとレンズをバラバラに買うのではなく、レンズが一緒になったレンズキットを購入しました。

標準ズームレンズなので近くを撮ったり遠くの景色を撮影するのはちょっと難しいけれど、とっても使いやすくてきれいに撮れるレンズなので重宝しています。

今持っているレンズはこれだけなのですが、これからさらにたくさんのレンズを集めていけたらいいなーと思っています。

SONYα7Ⅱの機能面でわかったこと

Sony α7ⅱの機能面でわかったこと

ボタン一つで操作が完結する!

SONYα7Ⅱを買ってみて一番最初に驚いたのは、カメラを操作するボタンがとっても多いこと!

今まで使っていたキャノンの一眼レフはコンパクトで手が小さい私にはぴったりだったのですが、欠点は『操作ボタンが少ないこと』でした。

操作ボタンが少ないカメラはいちいちメニュー画面を読み込んだ上で設定を変えなくてはいけません。

沙矢佳
ホワイトバランスや露出なんてボタン一つで変えたい!

と悩んでいたので、SONYα7Ⅱに切り替えてからそのストレスがゼロになりました。

電子ファインダーを覗きながらカメラの設定をいじっても、すぐに設定結果が反映されるから自分の思ったような写真がそのまま撮れるのはびっくりでした。

ボタンもそれぞれ自分で後からカスタマイズできるのも◎

私はこの機能に気がついたのがずっと後だったので、基本的にもともと割り当てられていた機能を使っています。

何も入ってない場所にスマホリモートシャッター機能とデジタルズーム機能を割り当てています。

沙矢佳
特定の機能をよく使うという人はカスタマイズボタンをたくさんいじるのも手かも!

カメラ本体に内蔵されているデジタルズームが使いやすい

デジタルズームはカメラの中でトリミングズームするもので、スマホカメラやコンパクトデジタルカメラによく使われている機能です。

使えば使うほど画質が悪くなってしまうという欠点がありますが、そこはフルサイズのミラーレス一眼レフです。

沙矢佳
全然画質が悪くなってない!

デジタルズームは最大4倍までズームできますが、私はあえて2倍までの高画質デジタルズームを使っています。

カメラと一緒に同梱されていた標準レンズを使っている人もデジタルズームを使えばある程度補うことができるので、小さいレンズを使いたい、単焦点レンズでズームしたいというときに使うとGOOD!

設定はメニュー画面から操作する必要がありますが、カスタマイズボタンに入れておけばボタン一つで操作することができるので機能に組み込んでおくのがおすすめです。

スマホリモートシャッターがとっても便利

ソニーから出されているスマホアプリPlayMemories Mobileはカメラ本体に内蔵されているWi-Fiで画像を転送するだけでなく、スマホでリモート撮影をすることができます。

スマホの画面を見ながら最適な写真を撮ることができるので、ミニ三脚を持ってカフェで一人で撮影するときもとっても便利です。

特に私は一人で行動する機会がとても多いのでこの機能に頼りっぱなしです。

タイマーも最大2秒まで設定することができるので、安心して撮影することができます。

沙矢佳
この機能を使ってからぼっちでも悲しくなくなったよ!

いや、悲しいです。

SONYα7Ⅱの画質面でわかったこと

Sony α7ⅱの画質面でわかったこと

発色がはっきりしてる

ソニーのカメラを使うのがこれが初めてだった私。

カメラ会社各社の写りの違いなんてあまり気にしていなかったけれど、ソニーのカメラを使い始めてわかったのは『発色がはっきりしていること』

赤なら赤が、青なら青がしっかりと出てくれるので紅葉の写真や、コスモスなど色がはっきりしたものを撮るのが得意なカメラです。

できあがった写真を見てもきれいに撮ってくれるというよりは、見たものをそのまま撮るカメラに近い気がしました。

沙矢佳
もちろんモードで色味を変えられます!

私は個人的に色が出ている方が好きなのでビビッドモードを使うことが多いですが、人によって好き好みがあるので薄めに設定したい人はきちんとカスタマイズしてあげることをおすすめします。

オートフォーカスがよく間違う

これは私の撮影技術が低いせいがあるのかもしれません。

それを抜いてもオートフォーカスがあまり効かないときがあるのは事実です。

沙矢佳
ここを撮って欲しいのにこっちに焦点いってる!違うそっちじゃない!!

という一人漫才をしているときが多々あります。

キャノンのカメラを使っていたときはそんなことが一切なかったのでびっくりしてますが慣れたらなんとかなっているのでそこまで気になってはいません。

気になってはいないのですが、この仕様はどこからくるものなのか知りたいものです…。

電子ファインダーとモニターから見える景色が同じ

電子ファインダーを使うのが今回が初めてだったのでどうやって使うのかドキドキしてたのですが、センサーで感知して勝手に切り替わるのでびっくりました。

そしてもっとびっくりしたのがその正確さです。

背面モニターから見た景色と、電子ファインダーから覗いた景色がほとんど変わらないことにびっくりしました。

私はよくホワイトバランスや露出をいじって撮影することが多いので、そのままの景色が見えるよりカスタマイズした状態で撮影したいと思う派です。

電子ファインダーから見た景色もモニターから見た景色も変わらないことの良さを改めて実感しています。

沙矢佳
でもキャップをかぶってるときにつばでファインダーが反応するのはやめて!!

最近はそんな悩みに苦しんでいるところです。

Sony α7ⅱのその他の面でわかったこと

Sony α7ⅱのその他の面でわかったこと

持ち歩きをするフルサイズカメラとしては最高

私がSONYα7Ⅱを買った一番の理由は『持ち歩きしても疲れないくらい軽くてコンパクトで高画質なカメラ』が欲しかったからです。

そんな安易な理由で選んだSONYα7Ⅱですが、重たくないので歩いて移動していてもほとんど疲れることがありません。

ボタンもカメラを構えたままで操作することができるところにボタンがあるので、ストレスゼロで撮影することができます。

沙矢佳
普通のミラーレスカメラに比べてごつい感は拭いきれないけど、お写ん歩には全く苦労しません!

やっぱりバッテリーは切れやすい

どのミラーレスカメラにしてもバッテリー問題から逃れることはできないとは思いますが、それはSONYα7Ⅱでも拭うことはできません。

沙矢佳
3分に1%バッテリーが減っていく!

そんなカメラがSONYα7Ⅱ

ちょっとしたカフェの写真を撮るだとか、近所を散歩するくらいであればバッテリーの心配をする必要はありませんが、旅行であったりたくさん枚数を撮りたいというときは替えのバッテリーを買った方が絶対にいいです。

またカメラ本体を購入したときはUSBケーブルしか付属されていないので、バッテリーを直接コンセントから充電したいという人はバッテリーチャージャー付きのバッテリーを購入することをおすすめします。

沙矢佳
もちろん買うときは正規品を買おう!

こちらにリンクを貼っておくので、ご入用の方はぜひ使ってみてくださいね。

SONYα7Ⅱの初期設定がちょっぴりめんどくさい

カメラ本体のアップデートやネットワーク接続はUSBケーブルから直接ダウンロードする方法とWi-Fiをつないでカメラ単体でアップデートする方法の2種類を選択することができます。

沙矢佳
カメラをいちいち繋ぐのもめんどくさい〜

なんて思った私はカメラ単体でダウンロードする方法を選んだのですが、今考えればそっちの方がめんどくさかったです。

Wi-Fiの設定をするのもそうですが、ネットワークに接続したあとソニーのサイトにログインする際に必要なメールアドレスやパスワードなどもすべてカメラから手打ちしなければいけないのがとっても大変。(2回目のログインはメールアドレスは保存することができます)

スマホやパソコンのようにワンタッチで一文字が打てるようにできているわけでもないので、一つ一つカメラのカーソルを使って打ち込んでいくのはなかなかに時間がかかりました。

沙矢佳
一つ一つぽちぽちとボタンを押して打ち込んでいくのはもういやー!!

若干トラウマになりました。

最後に

半年間SONYα7Ⅱを使ってきて散々文句もたれてみたものの、やっぱりいいカメラだな〜と思ってしまうのがカメラ愛なのでしょうか。

カメラは道具の一つなので合う合わないをきちんと見極めて買わないといけないもの。

SONYα7Ⅱは私にとって最高の相棒で、本当に買ってよかったなと思っています。

この記事を読んでSONYα7Ⅱを買うのに迷っているという方の背中を押せるような記事になっていれば幸いです。

ソニーの公式サイトでは2018年1月12日までキャッシュバックキャンペーンもやっているので、要チェックです。

ソニーのα7シリーズのキャッシュバックキャンペーン

キットレンズも対象になっています。

新品であればどこで買っても、キャッシュバックの対象になるのでこの機会にぜひ自分のクリスマスプレゼントに購入してみるのはいかがでしょうか?

アマゾンや楽天市場で購入したい人はこちらのリンクを使ってください。

私のおすすめのネットショップはカメラのキタムラです。

それではまた、お会いしましょう。


スポンサーリンク




スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA